姉妹サイト:| SS保存場所(けいおん!)|  ネタ元:| SS深夜VIP|  サイト内検索:| GoogleSearch
SS保存場所(SS深夜VIP) TOP  >  スポンサー広告 >  その他 >  妹「お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん…」

スポンサーサイト 【スポンサー広告】


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)

妹「お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん…」 【その他】


http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1328490602/




6 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/06(月) 11:17:43 ID:UsA0HLk.

妹「お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんどこなのお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん返事してよお兄ちゃん」

男(いつまで隠れていられるか……)

妹「お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん」

ガタッ

男・妹「「!!」」

妹「そこにいるの? お兄ちゃん」

男(ヤバイ……っ!)

妹「おにーちゃーんっ♪ ふふっ♪ おにーちゃん♪おにーちゃん♪」

男(誰か……助けt……)

妹「みいつけたっ」

妹「お兄ちゃんなんで逃げてたのなんで私から逃げるのお兄ちゃんお兄ちゃんは私が大好きなはずだよねお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんの大好きなカレー作ったんだよ私一生懸命作ったんだよカレーなのになんで食べてくれないのどうして残して逃げちゃうの私から私から私から」



9 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/06(月) 15:46:40 ID:UsA0HLk.

妹「お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんは何も怖がる必要ないんだよ大丈夫私がついてるものだから安心してお兄ちゃんお兄ちゃんはずっと私が守ってあげるずっと私がそばにいてあげるずっと私がお世話してあげるお兄ちゃんのためだもの大好きな大好きなお兄ちゃんのためだものお兄ちゃんのためなら私はなんだってやるんだからだからお兄ちゃんは私の言うことをちゃんと聞かなくちゃ」

男「ひいっ」

妹「ほらお兄ちゃんカレー食べようよ私が一生懸命お兄ちゃんのためにお兄ちゃんのためだけに作ったんだよお兄ちゃんの大好きな私の愛情たっぷり入ったカレーだよだから食べてよお兄ちゃんお兄ちゃんお願いだよどうして食べてくれないの?」

男「く、くえるかよ」

妹「あっ♪ そういえばお兄ちゃんいま両腕うごかないもんね♪ いけないけない♪」

男「そういう問題じゃ……んぐっ!」

妹「ん……くちゅっ……れろ、んふっ。はむ……れろ……んちゅっ」

男「んぐ! んー!」

妹「じゅる……んんっ……あ……っふ。あんっ♪ やっと食べてくれたね♪」

男「ゲホッ! ゲホッ! な、なにを」

妹「く・ち・う・つ・し♪ やだお兄ちゃんったら妹にそんなこといわせるなんて♪」

男(ちくしょう……なんでこんなことになったんだ……)





12 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/06(月) 18:09:38 ID:UsA0HLk.

数日前

妹「おにーちゃん起きておにーちゃーん!」バフッ

男「げばぁっ!」

妹「朝だよ朝だよあーさーでーすーよー!」ジタバタ

男「ちょっ、やめて! 起きるからやめて!」

妹「はぁーい……」プクー

男「おはよう妹。命に関わるから寝てる人にボディプレスはしないようにね」

妹「はーい!」(*´д`)ゞ



13 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/06(月) 18:17:28 ID:UsA0HLk.

男「それで、朝からどうしたの? 今日は日曜日のはずなんだけど」

妹「あーっ! お兄ちゃんったらやっぱり忘れてる。今日は私とデートする約束でしょ!」

男「デート? ……ああ、買い物ね」

妹「好きな人と一緒にお出かけなんだからデートだもんっ」プンプン

男「わかったわかった。朝ごはんじゃあ食べたらでかけようか」

妹「わーいっ♪ じゃあ私は朝ごはん作るからお兄ちゃんは顔洗って着替えてきてね」

男「はいはい」

妹「もう、お兄ちゃん。はいは一回だよー」

男「はいはい」

ジャー ザバザバ

男(なんかやけに顔がぬるぬるするなぁ。そんなに脂症じゃないはずなんだけど)



14 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/06(月) 18:24:25 ID:UsA0HLk.

妹「ふんふふんふふーん♪」

妹「お兄ちゃんったら、相変わらず寝顔が可愛かったなぁ」

妹「それにおいしかったし」ペロリ

妹「お兄ちゃんのファーストキスの相手が私だって知ったら、お兄ちゃんどんな顔するんだろうなぁ」

ジュージュー

妹「いけないっ。目玉焼き焦げちゃう」

男「おー、いい匂い。ベーコンエッグか」トテトテ

妹「あっお兄ちゃん♪ ご飯炊けてるけどどうする?」

男「炊けてるならご飯でいいよ」

妹「じゃあすぐに味噌汁も作っちゃうね」



15 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/06(月) 18:29:57 ID:UsA0HLk.

男「妹はほんとに家事好きだねぇ。妹をお嫁さんにする人がうらやましいや」

妹「やだもうお兄ちゃんったら♪ 褒めてもご飯大盛にしかしないよっ」クネクネ

男「起き抜けだから大盛にはしなくていいよ」

妹「それにー、私はお兄ちゃんのお嫁さんになるんだから心配しなくて大丈夫だよ♪」

男「知ってる? 家族って結婚できないんだよ?」

妹「そこはお互いの愛でカバーするのっ」

男「できるもんかなぁ。できないよなぁ」



16 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/06(月) 18:44:29 ID:UsA0HLk.

男「ご飯にベーコンエッグ。そして味噌汁。これが日本の朝だよねぇ」

妹「でも学校のある日はいっつもトーストくわえて走ってっちゃうよね。お兄ちゃん」

男「時間のないときは仕方ないのです」

妹「普通に起こしても起きてくれないからボディプレスになっちゃうんだよ?」

男「うーん……朝の布団の魔力が」

妹「もう、お兄ちゃんったら♪ 気持ちはわかるけどちゃんと起きてくれないとまたやっちゃうよ?」

男「努力します……」

妹(あ、でもほんとに早起きされちゃったらもうお兄ちゃんの寝顔を楽しめない)

妹「大丈夫だよお兄ちゃん♪ お兄ちゃんは私が責任を持って起こします」

男「妹は頼りになるなあ」

妹「えへへぇ」



21 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/06(月) 21:00:34 ID:UsA0HLk.

男「ご馳走さまでした」

妹「お粗末さまでした」

男「皿洗うよ。貸して」

妹「別にいいのに」

男「うまいご飯食べさせてもらったお礼だよ」

妹「もう、お兄ちゃんったら♪」

男「ついでにコーヒー淹れるか」

妹「わーい♪」

男「甘さは?」

妹「お兄ちゃんの愛くらい甘くっ♪」

男「ははは、太るぞー」

妹「もう! お兄ちゃんったら!」



23 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/06(月) 21:14:56 ID:UsA0HLk.

男「さて、じゃあでかけるか」

妹「れっつごー!」

男「やけにおしゃれしてるね」

妹「大好きなお兄ちゃんとのデートだからっ」

男「はいはい俺も大好きですよー」

妹「きゃー♪ お兄ちゃんったら妹をどうする気なのっ♪ 私的にはばっちこいだけど!」

男「ただただ買い物に付き合うだけだけど」



27 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/06(月) 21:42:07 ID:UsA0HLk.

男「それで、今日はどこに行くの?」

妹「こないだ駅前にできたとこ♪」

男「あそこでいいの? 服とか買うなら電車に乗ってちょっと遠出してもいいけど」

妹「いーのっ。お兄ちゃんとゆっくりできればどこでもいいんだもん」

男「まあ電車代かからなくていいか」

妹「ふっふーん。デートっ、デートっ」

男「ごきげんだね」



28 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/06(月) 21:48:23 ID:UsA0HLk.

妹「じゃあお兄ちゃん、ちょっとここで待っててね?」

男「なあ、ほんとに俺ここにいなきゃダメなのか? 視線が痛い気がするんだけど」

妹「いいのいいの♪ 私と一緒なんだから」

男「そうは言っても……」

男(女性用の下着売り場なんて目のやり場に困るな)

妹「高校生バカップルくらいにしか思われないって」

男「それも嫌な話だな……」

妹「じゃあ試着してくるね?」シャッ

男「なるべく早く頼むよ」




29 名前:arein:2012/02/06(月) 21:52:08 ID:yIePXFB.

試着室は人食い箱、大好きな人を引きずり込む場所です





30 名前:>>29ああ、そうだな:2012/02/06(月) 22:02:12 ID:UsA0HLk.

妹「おにーちゃーん」ニュッ

男「どしたー? 顔だけ出して」

妹「ちょいちょい」マネキマネキ

男「ん?」

妹「じゃーん」バッ

男「うわっばか何見せてんだよ」

妹「やーんお兄ちゃんのエッチー♪」

男「お前が見せたんじゃん!」



31 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/06(月) 22:16:40 ID:UsA0HLk.

妹「お兄ちゃんお兄ちゃん」

男「今度はなに? またあれするなら店から出てくよ」

妹「ちがうよー。お兄ちゃんは赤と黒どっちが好き?」ニュッ

男「なんで俺に聞くの」

妹「お兄ちゃんに見せたいからに決まってるじゃん」

男「なっ……」



33 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/06(月) 22:29:41 ID:UsA0HLk.

妹(あ、お兄ちゃんの視線が動いた)

妹「そっかそっかー。お兄ちゃんは黒が好きかぁ」

男「ちっ、ちがっ……お前に黒なんてまだ早い! こっちのこれにしなさい」

妹「あはは♪ お兄ちゃんお父さんみたーい」

男「あっ」

妹「どしたの?」

男(手元にあったパッと見白くて地味なのを取ったけど、
  よく見たらそれがけっこう派手だった時はどんな顔をすればいい?)

妹(白……だけどフリルがいっぱいついててキラキラしててかわいい。
  もしかして私がつけてるところ想像して……?)

男(しかも「俺に見せたい」って言ってた妹にだぞ! うわあああなんか死にたい)

男「や、やっぱりこれじゃなk……」

妹「じゃ、じゃあせっかくお兄ちゃんが選んでくれたんだしそれにしようかな」テレッ

男「 \(^o^)/ 」



34 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/06(月) 22:44:57 ID:UsA0HLk.

妹「~♪~~♪~♪」フンフーン

男「ごきげんだね」

妹「だぁってー♪ お兄ちゃんがカワイー下着選んでくれたしー♪」

男(ドン引きされてないだけマシ……なんだろうか)

男(まぁ、楽しそうだし良しにしておこう)

男「そろそろ昼ごはんにしようか」

妹「お兄ちゃんは何食べたい?」

男「なんでもいいよ。妹は?」

妹「私はお兄ちゃんを食べたいっ♪」

男「Oh……カニヴァリズム……」

妹「なーんて冗談っ。あっ、ドムドムがある! お兄ちゃんあそこにしよっ♪」

男「妹はほんとドムドム好きだね」

妹(それもあるけど、お兄ちゃんがドムドム好きだからだよ♪)



36 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/06(月) 23:00:13 ID:UsA0HLk.

男「オニオンリングうめぇ」

妹「お兄ちゃん昔っからオニオンリング好きだよねっ」

男「サクサクの中にあるタマネギの甘さがたまらない」

妹「ナチュラルチーズバーガーもおーいしー♪」

男「あっそれ俺のじゃん」

妹「いーじゃんひとくちくらいー。お返しに私のチーズポテトあげるから」

男「ふむ。それなら」

妹「はい、あーん」

男「あーん。……ほう、これはなかなか」

妹(ああああああお兄ちゃんの口の中に私の指が入った私の指がお兄ちゃんの舌に触れたすぐさまこの指ペロペロしたいよう)



37 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/06(月) 23:19:47 ID:UsA0HLk.

男「さて、お腹も膨れたし、これからどうしようか」

妹「お兄ちゃんは何か買いたいものないの?」

男「うーん、そうだなぁ。あ、ちょっと本見たいかな」

妹「えっちな本?」

男「こんなところに売ってないよ」

妹「じゃあ次の目的地は本屋さんにけってぇーい♪」

男「いいの? 今日は妹のための買い物だから、妹が見たいところ優先でいいんだよ?」

妹「いーのっ♪ お兄ちゃんの行きたいところが私の行きたいところなのっ」



38 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/06(月) 23:34:06 ID:UsA0HLk.

男「おろ?」

女「おや?」

男「奇遇だな」

女「こりゃまた偶然」

妹「あ……女さん……こんにちは」

女「こんにちは。お兄さんと買い物?」ニコッ

妹「デートです」ボソッ

男「うん、買いたいものがあるって言うから」

女「そうだったんだ。私は今来たところだよ(いまデートって聞こえた)」



39 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 00:03:46 ID:WqIViP9I

男「~~でさ――――なんだよ」ペチャクチャ

女「本当に? なら~~~」ペチャクチャ

妹「お兄ちゃん? 本みないの?」

男「ん? あぁ、妹はちょっと好きに見て回ってていいよ」

妹「……わかった」トテトテ



41 名前:>>40疎外感はちょっときついよね:2012/02/07(火) 00:10:42 ID:WqIViP9I

妹(私とのデートなのに……)

妹(女さんとあんなに楽しそうに話してる)

妹(……なに話してるんだろ)

妹(……つまんない)

妹(さっきまであんなに楽しかったのに)ハァ

妹(今日のデート、ひと月前から約束してたのになぁ……)ジワッ



43 名前:>>42ρ(-ω-、)ヾ(゜ω゜;):2012/02/07(火) 00:31:37 ID:WqIViP9I

妹(なんかすごく惨め)

妹(お兄ちゃん、私より女さんの方がいいのかな)

妹(くっつきすぎて鬱陶しいとか思われたりしたのかな)ウルウル

妹(もしかしてお兄ちゃんに嫌われちゃったり……したのかなぁ……)ポロポロ

妹(帰ろう……)トテトテ



44 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 00:40:07 ID:WqIViP9I

ヴヴヴヴ

男「ん? メール?」

妹『お兄ちゃんへ♪ ちょっと用事を思い出したから先に帰るね♪
  お兄ちゃんはゆっくり本を見てから気をつけて帰ってください♪』

男「……妹?」

女「どうした? 難しい顔して」

男「いや……」



45 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 00:58:18 ID:WqIViP9I

妹「帰ってきちゃった……せっかくお兄ちゃんがデートしてくれたのに」ポロポロ

妹「私が連れ出したのに先に帰っちゃって、お兄ちゃん怒ってないかな」グスッ

妹「ううん。今日のはお兄ちゃんが悪いんだもん!」プンプン

妹「だからお兄ちゃんの部屋に勝手に入ってやるんだから!」

妹「これはあくまでもおしおきのためで、
  別にお兄ちゃんの寝巻きとか脱ぎっぱなしのシャツとか目当てじゃないんだから」

妹「おじゃましまーす」コソリ

妹「さっそくお兄ちゃんのジャージ発見!」ハァハァ

妹「くんくん……お兄ちゃんの匂い……」

妹「お兄ちゃん……」ジワッ

妹「さっきのこと思い出したらまた涙が……」ウルウル



47 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 01:09:55 ID:WqIViP9I

妹「ダメだダメだ。気を取り直して
  お兄ちゃんがいる時はゆっくり見れないものを……あれは……」キョロキョロ

妹「お兄ちゃんが友達と撮った写真……」

妹「女さんと肩組んでる」

妹「すごく仲よさそう」

妹「……やっぱりお兄ちゃん、女さんのこと」ジワッ

妹「やめよう……きっと妹になんか好かれても迷惑だよ……」ポロポロ

妹「普通の兄妹に戻ろう」ポロポロ

妹「晩ご飯……作らなきゃ……」ポロポロ



48 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 01:25:37 ID:WqIViP9I

男「ただいまー」ガチャ

妹「おかえりなさーい。早かったね」

男「ああ、うん」

男「……」

妹「もうすぐ晩ご飯できるからちょっと待っててねー」

男「……妹? 大丈夫か?」

妹「ん? 何が?」

男(何がって。いつもなら俺が帰ってきたら飛びついてくるのに)

男「いや、なんでもない。それより用事ってなんだったんだ?」

妹「もう、お兄ちゃんったら。女の子のこと根掘り葉掘り聞いちゃダメだよ」

男「そ、そうか。ごめん」

妹「んーん、こっちも急に帰っちゃってごめんね? 怒ってる?」

男「全然。気にしてないよ」

妹「さすがお兄ちゃん。やっさしーい」

男(♪もなくなってる……)



51 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 20:38:59 ID:WqIViP9I

数日後

妹「おにーちゃーん。朝だよ朝だよあーさでーすよー」ガンガン

男「んーぃ」

男「おはよう妹」

妹「お兄ちゃんおはよっ。前より早いのにボディプレスなしで起きれるようになったね」

男「さすがに枕元でフライパン叩かれたらね」

男(あれから妹の様子がおかしい)

妹「もうご飯できるからお兄ちゃんは顔洗って着替えてきてね」

男「はいよ」

ジャー ザバザバ

男(そういえば最近顔がぬるぬるしないな)



52 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 20:50:21 ID:WqIViP9I

妹(お兄ちゃん、相変わらず寝顔が可愛かったなぁ)

妹(でももうお兄ちゃんの寝顔を堪能するのも我慢しなきゃだよね)

妹(……辛いよぅ)ジワッ

ジュージュー

妹「いけないっ。玉子焼き焦げちゃう」

男「おー、いい匂い。出汁巻き玉子か」

妹「あっお兄ちゃん。味噌汁は豆腐か油揚げかどっちがいい?」

男「じゃあ油揚げで」

妹「りょーかいっ」



54 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 21:05:04 ID:WqIViP9I

男「ご飯に出汁巻き玉子とウインナー。そして味噌汁。これが日本の朝食だよねぇ」

妹「早起きするようになってちゃんとご飯食べれるようになったもんね」

男「布団の魔力に勝ったのだ」

妹「私のフライパンのおかげでしょ」

男「はは、その通り」

ズズッ

男「あー、味噌汁がおいしい。やっぱり妹をお嫁さんにする人は幸せだ」

妹「ふふ、ありがとお兄ちゃん」

男(やっぱりおかしい)

妹(やめてよお兄ちゃん。そんなこと言われたらお兄ちゃんのこと諦められなくなっちゃうよ)



57 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 21:21:14 ID:WqIViP9I

妹「じゃあ私先に行くね?」

男「わかった。戸締りは任せといて」

妹「あっ、そうだお兄ちゃん。今日は帰り遅くなる?」

男「いいや? どうして?」

妹「……ううん、遅くならないならいいの。晩ご飯作って待ってるから」

妹(今日は私の誕生日なんだけど……お兄ちゃん覚えてくれてるよね)

妹(今日で最後にしよう。だから今日だけは……今日くらいは甘えてもいいよね……?)

妹「いってきまーす」



58 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 21:29:46 ID:WqIViP9I

昼休み

男(妹……何かあったのかな。どうしたら元に戻るだろう)

女「男。ちょっと話があるんだ」

男「どうした?」

女「放課後にちょっと顔を貸して欲しい」

男「放課後? 今じゃダメなのか」

女「ダメだ」

男「だが今日の放課後は……」

女「大事な話なんだ」

男「……わかったよ」



59 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 21:50:51 ID:WqIViP9I

放課後

ヴー ヴー ヴー

妹「メール? お兄ちゃんからだ」

男『急用が入ってちょっとだけ遅くなる。でもそんなに遅くならないから』

妹「急用かぁ……それじゃあ仕方ないよね。りょー・かい・で・すっと」ハァ

妹「お兄ちゃんの好きなごちそういっぱい作って待っててあげよっと」

妹「そうと決まれば買い物買い物っ」トテトテ



61 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 21:59:58 ID:WqIViP9I

兄「」キョロキョロ

妹「……ん? お兄ちゃんだ。校門のところから顔出してどうしたんだろ?」

兄「」コソコソ

女「」コソコソ

妹「そん……な……! あれって……」

妹(二人で駅の方に歩いてく)

妹(もしかして今のって、私に見つからないようにこそこそしてたの?)

妹(私……そんなにもお兄ちゃんの重荷になってたの?)ポロポロ



63 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 22:10:55 ID:WqIViP9I

妹(お兄ちゃんが私のこと嫌いになっちゃった)

妹(私に隠して女さんとデートなんて)

妹(お兄ちゃんが私のそばからいなくなっちゃう)

妹(……)

妹(……どうせ)

妹(どうせ私達の関係が壊れちゃうのなら)

妹「……アハッ♪」



64 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 22:23:56 ID:WqIViP9I



男(思ってたより遅くなっちゃったな。心配してるかも)テクテク

男(あれ? 家の電気がついてない。まだ帰ってない……
  ってことはさすがにないか。もう寝ちゃったのかな)ガチャ

男「ただいまー」トテトテ

男「妹ー? もう寝ちゃったのー?」

ガチャン

男「!?」クルッ

妹「……」

男「なんだ、そこにいたのか。ただいま」ホッ

妹「おかえりお兄ちゃんっ♪」ガチャガチャ

男「家の中真っ暗だから寝ちゃったかと思ってたよ……って、何してるの?」

妹「ドアのチェーンかけてるの♪」

男「そっかぁ。最近物騒だもんな」



65 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 22:38:04 ID:WqIViP9I

男「暗いから電気つけよ?」

妹「はーいっ♪」パチッ

男「って……髪切ったの?」

妹「うんっ♪ ショートカットにしちゃいました。似合う? ねえ似合うっ?」

男「うん。妹は顔がいいからどんな髪形でも似合うね」

妹「やだもうお兄ちゃんったら♪」クネクネ

男(ああ、この感じ。久しぶりだなぁ。♪も元に戻ってる)

妹「晩ご飯できてるよ♪ 食べるでしょ?」

男「うん。実はお腹ペコペコなんだ」

妹「そうなんだ……急用ってナニしてきたの……?」

男「ふふ、それは秘密だよ」

妹「……そう」



67 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 22:51:37 ID:WqIViP9I

男「わぁ、豪華な晩ご飯だなぁ。俺の好きなものばっかりだ」

妹「腕によりをかけて作りましたから♪」

男「さっきからいい匂いがしてたのはカレーかぁ」

妹「はいはいお兄ちゃんはここに座っててくださーい♪」グイグイ

男「おっとっと。言ってくれたら俺も手伝うよ?」ストン

妹「いいからいいからー♪ お、お兄ちゃん肩こってますねぇ」モミモミ

男「あーそれきもちいー」ハフゥ

妹「そう? じゃあちょっと腕の方もやっちゃいますよー♪」モミモミ

男「おおおおお」

妹「はーい、両腕ひっぱって背筋のばしまーす♪」グイグイ

男「ふはー」

ガチャリ



69 名前:ただいま:2012/02/07(火) 23:16:05 ID:WqIViP9I

男「おろ?」

妹「アハッ♪」ニタリ

男「妹さん妹さん」

妹「なあに? お兄ちゃんっ♪」

男「なにやら両手が前に戻らないのですが。なにこれ手錠?」ジャラッ

妹「あっ♪ カレー温まったかな♪ 盛り付けてくるねっ♪」トテトテ

男「いやその前にこれをなんとか……」

妹「~~♪~~♪」フンフフーン

男「聞いてねぇー」



70 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 23:22:40 ID:WqIViP9I

妹「はぁーい♪ お・ま・た・せー♪ 私の愛情たっぷり入ったカレーライスだよ♪」

男「妹のカレーはおいしいから大好きだよ。でもその前に縛られたこの手錠を……ん?」

妹「どうかしたのお兄ちゃんっ♪」

男「いや……なんか見慣れない具があるね」

妹「アハッ♪ 気付いてくれた?」

男「うん、なんか細長いのがいっぱい入ってるのと……この小さくて白い三日月型のは何?」

妹「大丈夫だよ食べやすいように切ったし柔らかくなるようにちゃんと煮込んだから」

男「え? だからこ……れは……」

妹「お兄ちゃんどうしたの?」



72 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 23:30:01 ID:WqIViP9I

男「妹……いつ髪切ったの?」

妹「ついさっきだよ♪」

男「爪を切ったのは?」

妹「ついさっきだよ♪」

男「もしかして……この見慣れないカレーの具って……」

妹「……」

妹「……………………アハッ♪」ニコッ

男「ひっ!」ガタッ

妹「どうしたのお兄ちゃん」

男「……っ!」ドタドタドタドタ

妹「……」

妹「なんで逃げるのお兄ちゃん」




76 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 23:52:17 ID:VnJy8I7.

陰毛と腹肉か尻肉かとおもた、かまぼこ!

そしてついに病んだ
止ま病み!





73 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 23:39:33 ID:WqIViP9I

妹「あ、わかった。かくれんぼしたいんだねお兄ちゃん」

妹「昔はよく一緒にやってたもんね」

妹「いっつも私が『鬼したくない』って言ったらお兄ちゃんが先に鬼をしてくれて」

妹「部屋が少ないからどうやって隠れようかって一生懸命考えてたのに、
  なんでかお兄ちゃんにはすぐに見つかって」

妹「なのに私が鬼になったときはお兄ちゃん全然みつからなくて」

妹「いつまでも見つからなくて泣いちゃって」

妹「そしたらお兄ちゃん、わざと音をたててヒントくれたよね」

妹「昔は楽しかったなぁ」

妹「楽しかったのになぁ……」

妹「私だけ……だったのかなぁ……」

妹「それじゃあいくよお兄ちゃん」

妹「いーち、にーい、さーん、しーい……」



74 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 23:46:28 ID:WqIViP9I

男(ヤバイヤバイヤバイヤバイ!)

男(何があったのかわからないけど、今の妹はヤバイ)

男(妹が落ち着くまでは捕まらない方がいい)

男(早くここから逃げないと!)ガッ

男(クソッ! 鍵とチェーン! 後ろ手の手錠も逃げれないようにするためか!)

妹「ごーお、ろーく、しーち、はーち、きゅーう、じゅー! もーいーかーい!」

男(どこか……どこか隠れる場所は)キョロキョロ

妹「もーいーかーい?」

男(返事なんかするわけないだろ!)

妹「じゃあ探しに行くね」

妹「待っててねお兄ちゃん」



75 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 23:49:53 ID:WqIViP9I

妹「お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん」



77 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 23:54:10 ID:WqIViP9I

妹「お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんどこなのお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん返事してよお兄ちゃん」

男(いつまで隠れていられるか……)

妹「お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん絶対に見つけるんだからお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん」

ガタッ

男・妹「「!!」」

妹「そこにいるの? お兄ちゃん」

男(ヤバイ……っ!)

妹「おにーちゃーんっ♪ ふふっ♪ おにーちゃん♪おにーちゃん♪」

男(誰か……助けt……)

妹「みいつけたっ♪」

妹「お兄ちゃんなんで逃げてたのなんで私から逃げるのお兄ちゃんお兄ちゃんは私が大好きなはずだよねお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんの大好きなカレー作ったんだよ私一生懸命作ったんだよカレーなのになんで食べてくれないのどうして残して逃げちゃうの私から私から私から」



78 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/07(火) 23:57:52 ID:WqIViP9I

男「う、うわああああああ!」ドンッ

妹「きゃっ」

ガンッ

妹「うっ……」バタン

男「あっ……! だ、大丈夫か!」

妹「」グッタリ

男「え? お、おい。妹……? おい。もしかして頭打ったのか?」

妹「」グッタリ

男「おい! しっかりしろ妹! 大丈夫か!」

妹「」グッタリ

男「そんな……まさか……。い、息はしてるのか?」ストン

妹「」ニヤリ

バチン



79 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 00:03:15 ID:5HtRaazM



男「うぅっ……」

妹「お兄ちゃん起きた?」

男「えっと……なにが……はっ!」ジャラ

男(さっきのは……スタンガンか? 手錠といい、いったいどこで……)

男(足にも手錠されたか……これじゃまともに動けない。クソッ!)

妹「ひどいよお兄ちゃん私一生懸命晩ご飯つくったのに食べずに逃げ出しちゃうなんて何か気に入らなかったのもしかしてエビフライじゃなくてカキフライがよかったのかなそれならそうと早く言ってくれれば用意できたのにでも一生懸命作ったんだよだからお願いだよ食べてよお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんの好きなハンバーグも用意したんだよお兄ちゃんタマネギちょっと大きめのが好きだから気をつけながら切ったんだよ中にとろけるチーズも入ってるお兄ちゃんの大好きなやつなのにどうして食べてくれないの」

男「……」ゾクッ

男(いったいどうしちまったんだ妹……)



80 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 00:06:32 ID:5HtRaazM

>>9のとこです

妹「お兄ちゃんもしかして怯えてるのお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんは何も怖がる必要ないんだよ大丈夫私がついてるものだから安心してお兄ちゃんお兄ちゃんはずっと私が守ってあげるずっと私がそばにいてあげるずっと私がお世話してあげるお兄ちゃんのためだもの大好きな大好きなお兄ちゃんのためだものお兄ちゃんのためなら私はなんだってやるんだからだからお兄ちゃんは私の言うことをちゃんと聞かなくちゃ」

男「ひいっ」

妹「ほらお兄ちゃんカレー食べようよ私が一生懸命お兄ちゃんのためにお兄ちゃんのためだけに作ったんだよお兄ちゃんの大好きな私の愛情たっぷり入ったカレーだよだから食べてよお兄ちゃんお兄ちゃんお願いだよどうして食べてくれないの?」

男「く、くえるかよ」

男(っていうかそのカレーが一番怖い)

妹「あっ♪ そういえばお兄ちゃんいま両腕うごかないもんね♪ いけないけない♪」ハムッ モグモグ

男「そういう問題じゃ……んぐっ!」

妹「ん……くちゅっ……れろ、んふっ。はむ……れろ……んちゅっ」

男「んぐ! んー!」

妹「じゅる……んんっ……あ……っふ。あんっ♪ やっと食べてくれたね♪」

男「ゲホッ! ゲホッ! な、なにを」

妹「く・ち・う・つ・し♪ やだお兄ちゃんったら妹にそんなこといわせるなんて♪」

男(ちくしょう……なんでこんなことになったんだ……)



81 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 00:10:56 ID:5HtRaazM

男「なんでだよ……なんでこんなことするんだよ」

妹「なんで……かぁ」

男「俺が何かしたのか? 俺が悪かったのか? 最近おかしかったのも俺のせいか?」

妹「うーん……お兄ちゃんのせいといえばお兄ちゃんのせいだね♪」

男「そうか……」

妹「私がなんでこんなことするのか。それは……」

妹「お兄ちゃんのことが好きだからだよ♪」



82 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 00:16:03 ID:5HtRaazM

妹「お兄ちゃんが好き。私はお兄ちゃんが好き。お兄ちゃんが大好き。お兄ちゃんを愛してる。お兄ちゃんのそばにいたい。お兄ちゃんのお世話したい。お兄ちゃんを見ていたい。お兄ちゃんに見てもらいたい。お兄ちゃんを嗅ぎたい。お兄ちゃんに嗅いでもらいたい。お兄ちゃんに触りたい。お兄ちゃんに触ってもらいたい。お兄ちゃんを味わいたい。お兄ちゃんに味わってもらいたい。お兄ちゃんを抱きたい。お兄ちゃんに抱いてもらいたい。お兄ちゃんを感じたい。お兄ちゃんに感じてもらいたい。お兄ちゃんが私の全てなの。お兄ちゃんさえいてくれれば他に誰も必要ないの。お兄ちゃんがそばにいてくれれば他に何も必要ないの。お兄ちゃんのためならなんだってする。お兄ちゃんを手に入れるためならなんだってする。だって私はお兄ちゃんのことを愛してるから」



85 名前:バッドエンド:2012/02/08(水) 00:24:36 ID:5HtRaazM

男「妹……」

妹「だから……」

妹「お兄ちゃんが私のものにならないなら、お兄ちゃんを殺してでも私のものにする」ドスッ

男「え……」プシュー

妹「アハッ♪ アハハハハハハハハハハッ♪」ポロポロ

 渇いた笑い声。狂ったような笑い声。
 俺の返り血を浴びながら涙を流す妹。
 体から抜け出ていく熱を感じながら、俺はその姿をただ眺めているしかできなかった。

                                 兄死亡エンド



86 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 00:32:02 ID:5HtRaazM



>>82から

妹「だから私はお兄ちゃんを私のものにする。たとえどんなことをしても」ポロポロ

男「妹……」

男「そんな特別なことしなくても、俺はずっとお前のそばにいるよ」

妹「お兄ちゃん……」

男「おう。俺はお前の兄ちゃんだ。だからずっとお前と一緒にいてやるよ」

妹「でも……だって……今日私の誕生日なのに、放課後こそこそ女さんと出てった」グスッ

男「あぁ……あれか。そこに俺のカバン落ちてるだろ?」

妹「これのこと……?」



87 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 00:39:12 ID:5HtRaazM

男「開けてみて」

妹「……? あ、この包み……!」

男「前に欲しがってた本の初版。この辺の本屋じゃ見当たらなくてさ」

男「こないだ本屋で女に会った時に話してみたら、知ってる古本屋とかに連絡してくれて」

男「それで今日たまたま見つかったって連絡もらえたらしくてさ。買いに行ってたんだよ」

男「どうせなら驚かせたくて黙ってたんだけど、勘違いさせてごめんな」

男「誕生日おめでとう。妹」

妹「お兄ちゃん……ありがとう」ポロポロ

男「ところで妹」

妹「……なに?」グスッ

男「できればこの手錠外して欲しいんだけど」ジャラッ

妹「あ、あわわわわ。私ったらなんてことを」



88 名前:ノーマルエンド:2012/02/08(水) 00:43:55 ID:5HtRaazM

妹「ごめんなさい! お兄ちゃんごめんなさい!」ガチャガチャ

男「やっと自由になれた」

妹「ごめんなさい! 許してください! なんでもしますから!」

男「何でも?」

妹「は、はい……」ビクッ

男「そうだなぁ。じゃあひとつお願いしようかな」

妹「……」ビクビク

男「妹が作ったうまいご飯が食べたいから、まともなのに作り直してくれる?」ニコッ

妹「お兄ちゃん……!」パアァッ

男「お腹ペコペコだから早めにね」

妹「うんっ! お兄ちゃん大好きっ♪」

                           仲良し兄妹エンド



89 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 00:51:00 ID:5HtRaazM

とりあえず今夜は終わり。
読んでくれてありがとう。
支援も嬉しかった。




90 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 01:20:36 ID:THQvioh2

>>76
三日月型ってのは切った爪じゃないの?



91 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 11:01:33 ID:nleSECDY

>>90自分の体の一部を意中の人に食べさせたら恋が叶うって話知らない?
それで肉かと思ったんだ!

>>1乙


93 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 15:31:12 ID:NL4ZJbFU

まだ他にもエンドあるよな…?





94 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 15:47:23 ID:5HtRaazM

>>90
そのつもりだったけど……切った爪が三日月型になるのって俺だけ……じゃないよな?

>>91
それは知らなかった。でも髪も爪も自分の一部だしいいよねっ!

>>93
一応あとひとつエンドを考えてある。今書き溜め中。



95 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 20:21:42 ID:5HtRaazM

書きあがったから投下していきます。

注意
・エロくないエロが含まれています。苦手な方はご注意を。



96 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 20:24:16 ID:5HtRaazM

>>82から

妹「だからお兄ちゃんがどこにもいかないように、私のものにするの」ハラリ

男「ちょっ、ちょっと妹? なんで脱ぐの?」

妹「お兄ちゃん。見て……」

男「だから服を着……て……」

男(白……)

妹「この間お兄ちゃんに買ってもらったやつ。どうかな?」

男(白い肌とさらに白い下着に蛍光灯の明りが反射してやや眩しいくらいだけど……これは間違いなく)

男「きれいだ……」ボソッ

妹「ありがと///」



97 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 20:25:56 ID:5HtRaazM

男「ってそうじゃなくて早く服を着なさい!」

妹「そんなこと言って、お兄ちゃんさっきから私の胸ばっかり見てる」

男「そそそそんなことないぞ」

妹「これが気になるの? そんなに大きいほうじゃないと思うけど」ムギュ

男(充分大きい方だろ……それに胸を強調するように腕組みなんかして)

男「いいから……服を……」

妹「着ないよ♪」



98 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 20:27:17 ID:5HtRaazM

妹「言ったでしょ? 私はお兄ちゃんを私だけのものにする。
  ずっとお兄ちゃんが私のそばにいてくれるように♪」

男「だから俺は……んむっ!」

男(キスで口を塞がれた)

妹「言わせない。聞きたくない。……んむ……んっ」チュッチュッ

男(ヤバイ。カレーの時と違って唇に触れてるだけなのに……ヤバイくらい気持ちいい)

男(さっきと違って不意打ちじゃないぶん、感触を意識するだけの余裕があるからか)

男(ダメだダメだ! やめさせないと!)

男「妹……やめ…」

ペロッ

男「!!」



99 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 20:29:21 ID:5HtRaazM

男(何だこれ……唇を舐められたのか? それだけでこんなに気持ちいいのか?)

妹(お兄ちゃん、歯を食いしばって私の舌がそれ以上入ってこないようにしてる)

妹(それなら)

ぬるんっ

男「……っ!」

男(歯と歯茎……?)

妹「んっ……んふっ……れろ……」チュッチュッ

男(さらに唇の裏や頬の裏まで……俺の全部を味わうみたいに舌が暴れてる)



100 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 20:33:08 ID:5HtRaazM

男「ふあっ……」

男(しまった! あまりの気持ち良さに口が開いた!)

妹(今! 舌を突っ込んでお兄ちゃんの舌と……)グイッ

妹「ふっ――んんー!」ビクビク

男「――っ!」

妹(か……軽くイっちゃった……何コレ気持ちいい)

男(ダメだ。一瞬なにもかもどうでもよくなりそうだった)



101 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 20:37:34 ID:5HtRaazM

妹「んんっ……ちゅぱっ……」レロレロ

妹(こ……腰が砕けそう。気持ちいい……気持ちいいよお兄ちゃぁん)ガクガク

男(だんだん口の中のカレーの味がなくなってく……。この甘さは……妹の唾液なのか……?)

妹(このざらざら……私が食べさせた髪の毛かな? ごめんねお兄ちゃんこんなの食べさせて)

妹(私が全部吸い出してあげる)レロッ

妹「じゅるっ……んふ……んーっ」

ちゅううううぅ

男「!」

男(舌、吸われて……舐められてる? この感触……ヤバイ)

妹(溶ける……! 舌や口の中……頭の中が溶けちゃうっ!)プルプル



102 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 20:40:00 ID:5HtRaazM

妹「んっ……ふぅ……はぁ、はぁ」チュポッ

男「あっ……はぁっ、はぁっ」

男(ようやく離れた……でも何だ。まだやりたいと思ってしまってる自分がいる)

妹「ティッシュティッシュ……んべっ」ペッ

妹「お兄ちゃん♪ これでお兄ちゃんの口の中キレイになったね♪」ニコッ

男「ああ……ありがとう」

男(上気した顔で、潤んだ目で俺を見てくる……。元々顔がいいのにこんなの反則だろ)



103 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 20:44:08 ID:5HtRaazM

妹「はぁっ……はぁっ……。お兄ちゃん……続き、したい?」ウルウル

男「それ……は」

男(そんなこと聞くまでもない……でもそれを言っちゃダメだ)

男「……」

男(「やめろ」って言わなきゃいけない。なのに……)

妹「それとも……もうやめちゃう?」

男「……」ピクッ

妹「アハッ♪ やっぱり続きしたいんだ♪」



104 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 21:01:29 ID:5HtRaazM

妹「よい……しょっと」

男「妹……? なにし……んむっ」チュッ

ちゅっ……ちゅっ……

男(俺の上に座った……?)

妹「えっへへぇ♪」

妹「私、お兄ちゃんとキスしただけでもう立ってられないほど気持ちよかったから……。
  立ってなくてもいいようにお兄ちゃんの上に座らせてもらおうかなーと思ったんだけど」

妹「お兄ちゃんはあのキスで立っちゃったんだね。
  お兄ちゃんも私と同じように感じてくれてたんだね♪ うれしいなっ」グリグリ

男「うあ……!」



105 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 21:07:47 ID:5HtRaazM

妹「それじゃあ失礼して」ジジーッ ヌガシヌガシ

男「あっ……こら……」

妹「わっ♪ 男の人ってこんなになるんだ。いつでもこうなの?
  それとも相手が私だから? もしそうならうれしいな♪」スリスリ

男「ぐっ……!」

妹「お兄ちゃんの、もう透明なのでヌルヌルだよ。男の人もこんなに濡れるんだね」シュッシュッ

男(さっきのキスで感じまくってたのに、さらにスベスベした手でそんなことされたら……もう……)

ピタッ

男「!?」



106 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 21:10:20 ID:5HtRaazM

妹「いまお兄ちゃん、『なんでやめるの』って顔した」ニタァ

男「そ、そんなこと」

妹「したよ♪」シュッ

男「うぁっ!」

妹「お兄ちゃんの準備もできてるみたいだし……」スルスル

男「おい……なんで下着脱いでんだ」

妹「私の準備もできてるの♪」

男「準備って……」

妹「さっきのお兄ちゃんとのキスで、もう私の下着ビチャビチャだよ。
  ……ほら見て。絞ったら垂れてきちゃいそう」

男「うわ……」

男(白い生地だから濡れてるのがよくわかる……)



107 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 21:14:05 ID:5HtRaazM

妹「それじゃあお兄ちゃん。そろそろしちゃおっか」

男「おい待て。もしかしてしちゃうって……」

妹「そ♪ セックス♪」

男「それは……」

妹「嫌なの? お兄ちゃん私としたくない?」

男(この状況でしたくないわけがない……でも……)

男「ダメ……だろ……」

妹「なんで?」

男「だって俺達は……」

妹「兄妹だよ? でも、血は繋がってない」



108 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 21:17:29 ID:5HtRaazM

男「知ってたのか」

妹「お兄ちゃんと初めて会ったときから覚えてるから……」

男「そうか……でも、たとえ血が繋がってなくても」

妹「お兄ちゃんは私を大事にしてくれてる。それはわかってる。でも、それじゃダメなの。
  兄妹なんていつか離れていっちゃうものだから。だから……よいしょっと」

妹「お兄ちゃんを私のものにする。誰にも渡したりなんかしないんだから」ヌチャッ

妹「入れるよ、お兄ちゃん」



109 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 21:20:01 ID:5HtRaazM

男「待t」

妹「待たない♪ んっ」チュッ

ズズズッ

妹「――――――いっ!」

男「く……っ!」

妹(なにこれ痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い)ポロポロ

男(妹……泣いてるのか?)



110 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 21:24:22 ID:5HtRaazM

妹(痛い……痛いけど……)

ズッ……ズチュッ……ヌプッ……

妹(このまま……続けなきゃ……!)

妹「お兄ちゃん気持ちいい? いつでもだしていいからね♪」

妹「お兄ちゃんの子供なら私喜んで産むんだから」チュッチュッ

男「そういう……わけには……っ」

男(痛いだろうに無理しやがって……。俺のために……か)

れろ……ん

男(首筋……舐めてる……なんでこんなに気持ちいいんだ……)



111 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 21:28:10 ID:5HtRaazM

妹「お兄ちゃん……お兄ちゃん……」ポロポロ

妹「どこにもいかないで。ずっと一緒にいて。私を置いてどこかに行かないで」ポロポロ

妹「お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん…」ポロポロ



112 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 21:32:00 ID:5HtRaazM

男(妹……そこまで俺を)

男(……)

男(やれやれ)

男「ふんっ!」ゴキッ

男「――っがあ! 痛てぇ!」

妹「おっ、お兄ちゃん!? 何してるの!?」

男「関節……外した……」

妹「な、何で……そこまで嫌だったの!?」

男「違うよ。こうでもしないとさ……痛ててっ」

グルン

男「こうやってお前を抱きしめてやれないだろ」



113 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 21:35:38 ID:5HtRaazM

妹「お兄ちゃん……!」

男「大事な妹……いや、大事なひとが泣いてるんだからさ。抱きしめさせろよ」チュッ

男「って、かっこつけすぎかな。いま妹が鍵持ってたら関節外し損だしな」ハハッ

妹「おに゙いぢゃあーん!」ボロボロ

男「おっと。……泣きたいだけ泣け。ずっとそばにいてやるから」ポンポン



114 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 21:38:24 ID:5HtRaazM

妹「お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん……」チュッチュッ

男「お前が落ち着いたのはいいけど、そんなにキスばっかりだと俺のアレが興奮しっ放しなんだけど」

妹「うん、キスするたびに私の中でお兄ちゃんのがピクピクしてるのがわかる」チュッチュッ

男「妹の中がヌルヌルで温かくて吸い付いてきて……正直もうでそうだ」

妹「いいよ。最初は痛かったけど、もうさっきから気持ちいいのが止まらないから。
  いくらでも、好きなだけだして。私をお兄ちゃんのものにして」

男「わかったよ。いくぞ」グッ

妹「あんっ♪ きて♪」



115 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 21:41:57 ID:5HtRaazM

数時間後

妹「ん……っ」パチッ

男「起きたか?」

妹「お兄ちゃん……あんなことしてごめんなさい」

男「いいよ。はじめはびっくりしたけど、妹の気持ちは嬉しかった」

妹「肩は大丈夫?」

男「大丈夫。思ったより痛かったけど、うまくはめれたから」

妹「よかった……でも痛むようなら病院で診てもらってね?」

男「うん。それと、誕生日おめでとう妹。これプレゼント」

妹「ありがとうお兄ちゃん♪ もしかして今日の放課後に女さんとコソコソしてたのってこれのため?」

男「ありゃ、見られてたのか。この間駅前のあそこで会ったときにお前が帰ったのを気にしててな。
  お詫びにってこの花もらったよ」



116 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 21:43:43 ID:5HtRaazM

妹「わぁ……キレイ。これなんて名前の花?」

男「デンファレだってさ。なんか妹にじゃなくて、俺達二人に……って」

妹「へえー……」グゥー

妹「って、さすがにお腹すいたね。すぐ準備するよ♪」

男「まともなのを頼むよ」

妹「わかってるよぅ。もう、お兄ちゃんのいじわる♪」




118 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 21:46:27 ID:THQvioh2

デンファレの花言葉

お似合いの二人
わがままな美人
魅惑、有能、美人





117 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 21:45:47 ID:5HtRaazM

男「そういえば、手錠やスタンガンなんていったいどこから手に入れたんだ?」

妹「インターネットの通販だよー」

男「まじか……物騒極まりないな。インターネット」

妹「はーい♪ お待たせー♪」コトッ

男「よし、それじゃ」

男・妹「いただきます」(´人`)



119 名前:ハッピーエンド:2012/02/08(水) 21:50:21 ID:5HtRaazM

男「うん、やっぱりうまいな。未来の俺は幸せだ」

妹「お兄ちゃん、それって……」

男「まだまだ先になるけどさ。学校卒業して働きに出て、暮らしていけるようになったらさ」

男「俺と結婚してくれよ」

妹「お兄ちゃん……」ポロポロ

妹「はいっ♪ ふつつかものですがよろしくお願いします♪」

                            大事な妹(ひと)エンド



120 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 21:54:17 ID:5HtRaazM

おわり。
読んでくれた人、支援してくれた人ありがとう。




121 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 21:59:17 ID:yT0zyNSs

おつ。お疲れ様ーおもしろかったよ



122 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/08(水) 22:08:01 ID:f84643Hg

乙面白かった



123 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 03:28:16 ID:Dh8XA0Nk

えんだああああああ



124 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 18:55:04 ID:oT4RQHDw

いやああああああああああ



125 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 22:26:29 ID:CKaZh.BQ

あああああああびこずあいらぶゆぅううううううううううう!!



126 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 13:50:10 ID:gCdCKb76

若いもんはええのう・・・



127 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 16:01:10 ID:bBUWbU/o

妹(*´д`*)ハァハァ・・
とりあえず乙






関連記事

ランダム記事(試用版)


けいおん!

妹「お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん…」
[ 2012/04/03 17:09 ] その他 | ヤンデレ | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

承認待ちコメント
NO:15
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/10/23 19:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
このサイトは、SS深夜VIPで完結したと思われるSSを取り扱っています。
★完結作をまとめるスレ★
色変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更



ブーン顔文字色

ユーザータグ

男 女 妹 幼なじみ 男友 女友 兄 姉 織斑一夏 後輩 織斑千冬 ツンデレ 勇者 山田真耶 鹿目まどか ラウラ・ボーデヴィッヒ 篠ノ之箒 セシリア・オルコット 少女 弟 シャルロット・デュノア 美樹さやか 先輩 凰鈴音 篠ノ之束 男妹 ヤンデレ 委員長 暁美ほむら 俺 魔王 巴マミ ドクオ 佐倉杏子 生徒会長 ブーン 男母 母 元気娘 メイド ショボン 助手 アイギス キュゥべえ しぃ ツン ルルーシュ・ランペルージ 幼女 山岸風花 女神 桐条美鶴 岳羽ゆかり 小鬼 忍野忍 妖狐 C.C. キタロー 紅月カレン 幼鬼 女騎士 男父 魔法使い 少年 阿良々木暦 僧侶 生徒副会長 国王 サキュバス 女魔法使い 女戦士 男僧侶 劉備 弟友 所長 関羽 悪魔 孔明 惣流・アスカ・ラングレー 碇シンジ 天使 病院 綾波レイ 女姉 保健教師 体育教師 読書娘 軍オタ 隣人女 女教師 くの一 同僚女 博士 傭兵 志筑仁美 鹿目詢子 隣女 ヴァンパイア グリフォンマスク 騎士 風呂桶 風呂 メリーさん 忍野扇 阿良々木火憐 阿良々木月火 エルキュール・バートン コーデリア・グラウカ マウス 空気清浄機 なでなで アメダス シャーロック・シェリンフォード 雨 千石撫子 羽川翼 王様 大臣 ドラゴンクエストIII 北極 ギルバート・G・P・ギルフォード CO2 ∀ガンダム 遊び人 神原駿河 戦場ヶ原ひたぎ 八九寺真宵 クー 武闘家 DQN 男友妹 エロガキ パンツ 伊藤かな恵 能登麻美子 女友母 月 青年 地球 阿澄佳奈 井口裕香 妹友 女剣士 アルヴィン 如月千早 IDOLM@STER テイルズオブエクシリア 鳥娘 真田明彦 不良 先生 タダクニ ヒデノリ タダクニ妹 ヨシタケ アシタカ エボシ 明智光秀 伊織順平 徳川家康 豊臣秀吉 お嬢様 幽霊少女 譲崎ネロ 木星 女母 従妹 父 ボーイッシュ 漆原るか サンドイッチ 鬼 キモオタ JK サン 引きこもり 副会長 美少女 委員長友 椎名まゆり 牧瀬紅莉栖 太陽 岡部倫太郎 IS BlueGender 魔物 女勇者 双子 輪廻のラグランジェ 橋田至 メガネ 京乃まどか 魔法少女まどか☆マギカ ラン ムギナミ オタク 

amazon
広告4
広告5
広告6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。