姉妹サイト:| SS保存場所(けいおん!)|  ネタ元:| SS深夜VIP|  サイト内検索:| GoogleSearch
SS保存場所(SS深夜VIP) TOP  >  スポンサー広告 >  日常系 >  男「情報化社会万歳」

スポンサーサイト 【スポンサー広告】


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)

男「情報化社会万歳」 【日常系】


http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1328860043/




3 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 16:50:02 ID:JFnCqyQI

男「ネットワークが発達したこの世の中のおかげで
  俺はコンピュータープログラマー兼高校生としていきていくことができるぜ」

友「いきなりどうした男よ」

男「しかも職場は自宅と来た これはもう神の思し召しとしか思えない。神なんぞ信じちゃいないが」

友「どうした ついに電波か?電波なのか?」

男「断じて違う!!」

友「そんなタッパで?」(175cm)

男「(#゚Д゚)ダマレ!!」(160cm)

男「てか買いたい本あるから今日はここでサラバだ」

友「うい お疲れっす」

男「お疲れっす」





4 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 16:50:55 ID:JFnCqyQI

男「今月の新刊は……って あれは女かな?」

女「」キョロキョロ

男(よし 脅かしてやろうwwww)ススストウシロヘ

男「コケッコー」

女「きゃぁ!!!!」

男「本屋ではお静かに」

女「あんたが脅かしてきだんでしょうがチビ!」(180cm)

男「うるせぇのっぽ(´;ω;`)」

男「しかし女が本屋とはこれまた珍しい」

女「そ、そう?」ササッ



5 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 16:52:11 ID:JFnCqyQI

男「なんか探してんの?」

女「べべ、別に 何も探してないわよ」

男(恋愛の本を持ってたな まぁ年頃女子なら不思議じゃないか)

女(バレてない! セーフ…)

女「てかあんたその本の量……」

男「今月の新刊だ」ズラリ

女「これだから金持ちは…」

男「働いているだけである」

女「はいはい」

男「さて買うか♪」



6 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 16:52:43 ID:JFnCqyQI

女「じゃーねー」

男「じゃーなー」

女(うぅ……まだドキドキする……)

女(男の顔見るでけでこんなに……)

男(ちくしょう身長よこせよ(´;ω;`))

男「ただいまー」

弟・妹「「おかえりー!!」」

弟「おなかすいたー!」

妹「ごはんごはんー!」

男「よし 今から作るから待ってろ!」



7 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 16:53:07 ID:JFnCqyQI

弟・妹「御馳走様でした」ペコリ

男「お粗末様でした」

男「さて仕事だ」

弟「え~ また~?」

妹「wiiてにすやろ~よ~」

男「仕事が終わったらな」

妹「ぶ~~」

弟「じゃあどうせ今日はむりじゃんか~」

男「ごめんな」

男「また今度な」



8 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 16:53:48 ID:JFnCqyQI

男「ふぅ……もう10時か……」

弟「お兄ちゃ~ん……」

男「どうした?入っていいぞ」

妹「お風呂入ろ~」

男「あぁ いいぞ」

男(とは言いつつ入ったものの……二人も10才だから一人で入らせたほうがいいのかな~)

妹「お兄ちゃんどうしたの?」

男「何でもないぞ~」

弟「?? 変なの」

「「「お風呂は気持ちいな~」」」



9 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 16:54:29 ID:JFnCqyQI

次の日

友「女 話がある」

女「何?」

友「男についてだ」

女「!!な…何?」

男「おっす( ̄Д ̄)ノ」

友「後で屋上に来い」

女「……分かった」

男「決闘?」

友「ちゃうわ!!」

女「違うわよ!!」



10 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 16:55:10 ID:JFnCqyQI

屋上

友「ストレートに聞く お前男のどこに惚れた?」

女「……ふえぇぇぇぇえ!!?」

友「落ち着け 結構前から気づいてたぜ?」

女「い……いきなりなんなの?」

友「いいから答えろよ」

女「……優しいところ」

友「……べただなぁ………」

女「べ、別にいいじゃん……」

友「まぁ 文句は言わねぇよ」

女「それに……」



11 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 16:56:06 ID:JFnCqyQI

女「いい匂いするし……」

友「……変態?匂いフェチ?」

女「違うわよ!!」

友「まぁいいや 今日は忠告しようと思って」

女「?」

友「お嬢様もあいつの事好きみたいだからさ」

女「!!」

友「少し急いだ方がいいんじゃないかって」

女「……分かった」

友「それだけだから」



友「ちなみに男には放課後校舎裏に来るようメールした」

女「えぇ!!?」



12 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 16:56:36 ID:JFnCqyQI

女「ありがと」

友「気にすんな」

女「ん」

友「まぁ成功したらジュースおごってやるよ(^ー^)」

女「……ありがとう」

女(でも急げって言われたって……)

女(なんて言えば良いのか分からないよ)

女(どうしよう……)



13 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 16:57:03 ID:JFnCqyQI

女(本当に居る……)

PiPiPiPiPi !!

女(友からの電話?)

友『逝ってこい』ブツッ!!

プー プー プー 

女(ちょっとなんなの!!?)

男「あれ?女? ここで何してんの?」

女(きゃぁぁ!!気づかれちゃったじゃない!!)

女「え…えと…たまたま通りかかっただけだよ?」

男「こんなとこを?」

男「まぁいいや 友知らない?」

女「ううん 知らないよ」



14 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 16:57:30 ID:JFnCqyQI

男「そうか……なんなんだあいつ?まあいい こないなら帰るか」

男「てなわけでじゃあな女」

女(えっ!? 帰っちゃうの!?)

女(それじゃせっかくのチャンスが!!)

女「ま…まって!!」

男「?」

女「え…えと…その……」

男「どうした?」

女「男……いや!男君!!」

女「好きです!付き合ってください!!」



15 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 16:58:07 ID:JFnCqyQI

男「」

女「……?」

男「…変なこと聞くけど…俺のどこが好きなの?」

女「……優しいところ」

男「……だけ?」

女「他は秘密」

男「なんだそれw」

女「むぅ…別にいいじゃん」

男「はは……俺のこと好きって言ってくれてありがとう」

女「じゃぁ!!」



16 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 16:58:36 ID:JFnCqyQI

男「よろしくお願いします」ペコリ

女「!!!」

女「ひぐっ…えぐっ…」

男「わぁあ!!いきなり泣くなよ!!」

女「だって…嬉しくて…」

男(やべ 超可愛い////)

男「俺もうれしいよ」

男「だからもう泣くなって」ギュッ

女(うわわわわ!!急に抱きしめるなんて大胆だよぉ////)

女「うん…ありがと…////」



17 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 16:59:05 ID:JFnCqyQI

嬢(なんなのあの女!?)

嬢(男は私の物なのに!!)

嬢(しかも気安す触ったりなんかして!!)

嬢(泣き落しでGETするなんて考えられない!!)

嬢(見てなさいよ泥棒猫!!)

嬢(この私にかかればどんな男性も手に入れることが出来るのよ!!)

嬢(男は私の物よ!!)

嬢(誰にも渡さないわ!!)

嬢(絶対に!!)

嬢(奪ってやる!!)



18 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 16:59:37 ID:JFnCqyQI

女「ねぇ男…これから男の家行って良い?」

男「別に構わないよ」

女「じゃあ行こう!!」

男の家

男「ただいまー」

女「おじゃましまーす」

弟「おかえり~」

妹「あ!!女お姉ちゃんだ!!」

弟「お姉ちゃんだ!!」

女「お姉ちゃんなんて気が早いよ////」

男「どした?」



19 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:00:00 ID:JFnCqyQI

弟「ご飯食べた~い」

妹「食べた~い」

女「せっかくだから私が作ろうか?」

男「マジで?」

弟「やった!」

妹「お姉ちゃんのお料理だ!」

女「お姉ちゃんなんて気が早いよ////」

男「なんか言った?」

女「ううん!何も!じゃあキッチン借りるね」

男「あぁ 期待してるぜ」



20 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:00:32 ID:JFnCqyQI

女「おまたせ!」

「「「おおぉ…!」」」

弟「これまた見事な」

妹「ピラフですな」

男「パエリアだからな」

女「召し上がれ♪」

「「「いただきます!!」」」モグモグ

「「「美味しい!!!」」」

女「本当!?」

男「マジでうまい」



21 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:00:56 ID:JFnCqyQI

「「「御馳走様でした」」」

男「ふぃ~ 腹いっぱいだ」

妹「お兄ちゃ~ん テニスやろ~よ~」

弟「おねえちゃんも一緒に遊ぼうよ!」

女「私はいいけど男は……」

男「…まぁ約束したしな」

弟・妹「「やった!!」」

女「wiiテニ久しぶりにやるな~」

弟「第一回!!」

妹「wiiテニ選手権!!」



22 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:01:20 ID:JFnCqyQI

嬢(何あの女!?)

嬢(男の家に押しかけるなんて!!)

嬢(しかも手料理を振舞うなんて!!)

嬢(きっと変な薬が入ってるに違いないわ!!)

嬢(だから男も美味しいと勘違いしたのよ!!)

嬢(女ぁ!!!!絶対に……!絶対に……!!)

友「あれ?もしかして嬢?」

嬢「友君!?なんでこんなところに!?」

友「別に 男ん家遊びに逝こ思て……嬢こそなんでこんなところに?家逆方向じゃん」

嬢「……さようなら!!」



23 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:01:54 ID:JFnCqyQI

友(まさかストーカーまでしてるとはな)

友(しばらくあいつ等と一緒に帰る様にするかな……)

ピーンポーン

男『はい?』

友「いるのはわかってるー」

男「なんだこいつwwww今開けるから待ってろwwww」

ガチャ

男「よう どうした」

友「遊びに来たぜ」ドヤァ

男「あがれよ 飯は?」

友「まだでし」

男「なら食ってけよ」



24 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:03:45 ID:JFnCqyQI

友「おじゃっしゃーっす」

弟「あっ!友兄ぃ!」

妹「今日はお客さんがいっぱいだ~」

友「? いっぱいって」

女「」

友「」ジョウキョウリカイ

友≪ごめんm(_ _)m≫

女≪いいよ気にしなくて≫

男「友 何食いたい?」

友「あー…軽いのでいいや」



25 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:04:29 ID:JFnCqyQI

男「ほい 鯖煮と唐揚げ」

女(凄! 美味しそう……)

友「軽くないな いただきや~す」

友「うむ 相変わらずの腕前で」

男「はは~ もったいなきお言葉」

女「ちょっと頂戴…え!なにこれ!!美味しい!!」

男「お、おう ありがとう」

友「こいつこんなタッパで料理くそうまいんだぜ」

男「(#゚Д゚)ダマレ!!」

女(ちょっと悔しいかも……)



26 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:04:52 ID:JFnCqyQI

男「じゃ~な~」

女「バイバーイ」

友「すまん まさか居るとは思わなかった」

女「いいの 気にしないで」

友「……あのさ」

女「? 何?」

友「……ジュース奢るよ」

女「ありがと♪」

友(言ったって何も出来ねーよな)

友(今は様子見かな)



27 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:05:18 ID:JFnCqyQI

次の日

PiPiPiPiPi !

女「? 知らないメアドからだ……」

女「もしもし?」

?『貴方の好きな人の大切なものを預かった
  誰にも知らせずにこの住所まで来い 逆らえばこれを捨てる』

女「何これ……添付ファイル?……これ弟君と妹ちゃん!?なんで…そんな…!?」

女「とりあえず男に連絡…ダメ…よね」

女「そんな事したら弟君と妹ちゃんが……」

女「急いで行かないとっ!!」

嬢(ふふふ…まんまと罠にはまったわ)

嬢(次は男ね)

嬢(まってて 私の愛する男……)



28 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:05:46 ID:JFnCqyQI

女「ハァハァ…ここね……」

バチバチッ!!

女「あうっ!!」ドサッ

?「中に運べ」

?「へいへい」

学校では

男「なぁ?女は?」

友「さぁ?トイレじゃね?」

男「1限の間ずっとか?」

友「それもそうだな……」

友(嫌な予感がする)

PiPiPiPiPi !

男「? 誰のメルアドだ?」



29 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:06:09 ID:JFnCqyQI

ダッ!!

友「おい男!!どうしたんだよ!?」

友「なんだよいきなり…ん?これ男のケータイか?」

?『女は預かった この住所までこい』

友「なんだよこれ……」

友「嬢……!!やりやがったな!!」

友「ちくしょう!!見捨てておけるかよ!!」

友「手前がその気ならこっちも実力こうしだ」

友「お前等待ってろ!今助けに行くからな!!」

プルルルル!

友「よう ちと頼みたいことがあるんだけど……」



30 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:06:47 ID:JFnCqyQI

バァン!!

嬢「あら 早いわね」

男「てめぇだったのか……!」

嬢「まぁ そこに座りなさいな」

男「黙れ 女は何処だ」

嬢「貴方が私の言うことを聞くなら返すますわよ」

男「……なんだ」

嬢「貴方、私の物になりなさい」

男「はぁ?」

嬢「そうすれば毎日快楽と共に私と過ごせる日々を送れるわよ」

男「ふざけんな 誰がてめぇの言うことなんか!!」



31 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:07:11 ID:JFnCqyQI

嬢「仕方ないわね 下僕達」

バチッ!

男「カハッ!!」ドサッ

下「いかがなさりますか お嬢様」

嬢「そこに縛り付けなさい」

下「かしこまりました」

嬢「それとシャツも脱がせなさい」

下「かしこまりました」

嬢「ふふっ いい体ね…そそられるわ…」

嬢「見てるだけで疼いちゃう////」

嬢「下僕達 服を脱ぎなさい」



32 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:07:40 ID:JFnCqyQI

嬢「アッ…いいわ…もっと舐めなさい」

嬢「ンッ…アッ…ハァン////」

男「……う…うぅん…」

嬢「あら?やっとお目覚め? アンッ////」

男「…気絶してる奴の前で乱交かよ いい趣味してるな」

嬢「ふふ 貴方も私の物になると言えば一緒にシてもいいのよ?」

男「誰がてめぇなんかに媚びるかよ」

嬢「あら残念 執事!」

執「はいお嬢様」

嬢「やっておしまい」



33 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:08:07 ID:JFnCqyQI

バシィィン!!

男「ぐあぁ!!」

執「さあ お嬢様の物になってください さもなくばさらなる苦痛が貴方を襲いますよ?」

男「…ぐっ……黙れよ馬鹿……」

バシィィン!!

男「ぐあぁ!!」

嬢「ハァァ////苦痛にゆがむ男もそそられるわぁ////アァン////」

男「けっ…変態め…」

バシィィン!!

男「ぐあぁ!!」

執「お嬢様を侮辱することは私めが許しません」

嬢「やりすぎてはいけないわよ執事」

執「かしこまりました」



34 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:08:35 ID:JFnCqyQI

バァァン!!

執「何事ですか!?」

?「フラッシュバン!」

キィィィィン!!

嬢「何!?耳が!」

執「お嬢様下がって!!」

?「GoGoGo!」

タタタタタ!

執「痛ッ!BB弾!?」

?「パッケージ確保!」

?「よし撤退する!」

執「くっ…待ちなさい!!」

執「逃げられましたか……」



35 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:09:03 ID:JFnCqyQI

学校の保健室

男「ありがとうな友」

友「気にすんな 礼はサバゲー部に言え」

サバゲー部「ウーラー!」

男「それに女の分も……」

友「いいって…でもまさか嬢があんな手に出るとはな……」

男「…………」

女「うぅん……」

友「女!?大丈夫か!?」

女「友?それに男も……」

男「無事で良かった……」



36 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:09:27 ID:JFnCqyQI

女「男!!大変なの!!…うっ……!」

男「女!無理すんな!」

女「私はいいの!でも弟君と妹ちゃんが!!」

男「なんだって!?」

友「どういうことだよ!」

女「嬢は二人を使って私のことを……!」

男「くそっ!!」

友「待て!そんな体で助けられると思ってんのか!」

男「だけど!」

友「ここは俺に任せろ」



37 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:09:53 ID:JFnCqyQI

男「友……」

友「何、一人で行く気はないさ」

友「お前ら また出番だぜ」

サバ部「イエス サー!」

友「ついでにもうちょい呼ぶか……」

プルルルル

友「おめぇらちょーっち頼み事あンだけどよ……」

友「これでよし」

友「待ってな 弟と妹、取り返してくるぜ」

男「…頼んだぜ」



38 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:11:02 ID:JFnCqyQI

友「さーてと……サバゲー部・空手部・柔道部・剣道部・槍術部・弓道部と…ぼちぼち集まったな」

友「さあ 行くぞおめぇら!」

「「「「「センパ ファイ!!!」」」」」

バァァン!

友「おらぁ嬢!!出てこいやぁ!!」

執「おや 貴方ですか」

友「よう青二才 嬢出せや」

執「申し訳ございません お嬢様はお忙しいので」

ぞろぞろぞろ…

執「私達がお相手しましょう」

友「やべ…敵さん こっちの10倍はいんぞ…」

友「だが男のため!」

友「行くぞ野郎共!!」

「「「「「おう!!!」」」」」



39 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:11:34 ID:JFnCqyQI

ウワァァァァァ!!

執「とろいですね」ドガッ

ウワッ! グワァ!!

友「おらぁ!」ビュンッ!

執「お次は貴方が相手ですか」

執「ですが所詮は寄せ集めですね 消えてください」ブン!

友「うおっ! なめんなよ…トランザム!!」

執「消えた!?」

DQN「後ろだ執事!」

執「え?ぐはっ!」

友「おらおら そんなもんか?」ヒョイッ

執「くっ おろしなさい!!」



40 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:12:05 ID:JFnCqyQI

友「このまま量産機みたいに潰してやるよっ!!」

執「ぐあぁぁぁぁぁ!!」ミシミシッ!

友「独眼龍様なめんなよっ!」

執「くそっ!…このっ!」ヒュンッ!

友「ぐあぁぁ!!」ブシュゥ!

剣道部員「に…日本刀!?」

執「これ以上の勝手は許しませんよ…!」

友「クッソ痛ぇ…どうすりゃぁ……」

バァァン!

男「待たせたな」

友「男!!」

男「てめぇらよくも……!」



41 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:12:29 ID:JFnCqyQI

執「おや?ようやくお嬢様の物になる気になりましたか?」

男「黙れ!!」

執「ガハッ!…カ…ア……」ドサッ

友「すげぇ…一撃かよ…」

男「うおらぁぁぁぁ!!!」

ギャァァァァァ!!バケモノダァァ!

DQN「に、逃げろー!!」

ウワァァァァァ!!

男「ハァ…ハァ……友 怪我、大丈夫か?」

友「これくらい平気だ…それよりお前……」

男「お前らだけ痛い目みるってのは耐えられないからさ」

友「このバカチンが……早く行け!!」

男「あぁ」



42 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:12:59 ID:JFnCqyQI

バァァン

嬢「ひっ!!」

男「はぁはぁ…嬢!俺の弟と妹はどうした!!」

嬢「げ…下僕達!」

下「にっ逃げろ!」

嬢「あっ!待ちなさい!」

男「どこだって聞いてんだよ!!」

嬢「ひぃっ!……隣の部屋よ…」ガタガタ

バァン!

男「弟! 妹!」

弟「うわ~ん お兄ちゃ~ん!」グスッ

妹「怖かったよ~」グスッ

男「良かった 無事で……」



43 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:13:22 ID:JFnCqyQI

男「てめぇよくも……!」

嬢「待って!何でもするから!お願い!!」

男「ふざけんな!!こんな小さい子をさらっておい…て…」

嬢「?」

ドサッ

執「お嬢様に手は出させないっ…!!」

友「ハァハァ……男!?執事、手前!!」

執「ぐあっ!!」

友「おい男!!しっかりしろ!!」

友「くそっ!…はや……救急車……!」

友「………!……!…!」



44 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:13:43 ID:JFnCqyQI

友「男……お前の事は絶対に忘れないっ……!」

弟「忘れなイッ!」

妹「忘れなイッ!」

男「人が死んだ雰囲気やめてもらえる?」

女「全く失礼なんだから…」

友「アハハハハ!冗談だしwwww」

弟「でも傷残っちゃったね~」

妹「背中にでっかいのがね~」

男「別に気にしないさ」

友「そうそう 傷跡は戦いの勲章ってね」



45 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:14:05 ID:JFnCqyQI

友「じゃあ俺は帰るわ こいつらも送ってくるぜ」

妹「送られてくるゼ」

弟「じゃあね~」

男「じゃあな~」

女「…行ったね」

男「……」

女「…本当にありがとうね」

男「もういいって」

女「……来てくれたって話聞いたとき、嬉しかったよ」

男「そりゃぁ……」



46 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:14:32 ID:JFnCqyQI

女「ねぇ男……」

男「ん?」

女「ん……」チュ

男「////」カァァァァァ

男「なななっ…なんだよぅ!////」

女「感謝の気持ち」

男「だったら言葉でいいじゃないか!////」

女「態度でしめしたっていいじゃない?」

男「でもさぁ…俺…キスしたことないし」

女「私だって……////」



47 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:15:08 ID:JFnCqyQI

弟「ふおぉぉぉ……」

妹「ふおォォォ……」

友「ほほぅ……」

男「!?」

女「帰ったんじゃなかったの!?」

友「忘れ物しただけだし」

友「だがまさか……」

友「女も大胆だねぇwwww」

弟「大胆だネェwwww」

妹「大胆だネェwwww」

女「うるさいうるさいうるさーい!!」

友「あっはははははwwww」

男「恥ずかしい………」



48 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:15:59 ID:JFnCqyQI






50 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:39:15 ID:HxH.Th1c



スレタイ全く関係ねぇw



51 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 17:55:27 ID:gMAsl5L2

スレタイと関係してたのは男の職業かwwwww



53 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 23:16:09 ID:hUO9HWcw


確かにこれはスレタイ詐欺だなwww






関連記事

ランダム記事(試用版)


けいおん!

男「情報化社会万歳」
[ 2012/04/06 19:10 ] 日常系 | 男友 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
このサイトは、SS深夜VIPで完結したと思われるSSを取り扱っています。
★完結作をまとめるスレ★
色変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更



ブーン顔文字色

ユーザータグ

男 女 妹 幼なじみ 男友 女友 兄 姉 織斑一夏 後輩 織斑千冬 ツンデレ 勇者 山田真耶 鹿目まどか ラウラ・ボーデヴィッヒ 篠ノ之箒 セシリア・オルコット 少女 弟 シャルロット・デュノア 美樹さやか 先輩 凰鈴音 篠ノ之束 男妹 ヤンデレ 委員長 暁美ほむら 俺 魔王 巴マミ ドクオ 佐倉杏子 生徒会長 ブーン 男母 母 元気娘 メイド ショボン 助手 アイギス キュゥべえ しぃ ツン ルルーシュ・ランペルージ 幼女 山岸風花 女神 桐条美鶴 岳羽ゆかり 小鬼 忍野忍 妖狐 C.C. キタロー 紅月カレン 幼鬼 女騎士 男父 魔法使い 少年 阿良々木暦 僧侶 生徒副会長 国王 サキュバス 女魔法使い 女戦士 男僧侶 劉備 弟友 所長 関羽 悪魔 孔明 惣流・アスカ・ラングレー 碇シンジ 天使 病院 綾波レイ 女姉 保健教師 体育教師 読書娘 軍オタ 隣人女 女教師 くの一 同僚女 博士 傭兵 志筑仁美 鹿目詢子 隣女 ヴァンパイア グリフォンマスク 騎士 風呂桶 風呂 メリーさん 忍野扇 阿良々木火憐 阿良々木月火 エルキュール・バートン コーデリア・グラウカ マウス 空気清浄機 なでなで アメダス シャーロック・シェリンフォード 雨 千石撫子 羽川翼 王様 大臣 ドラゴンクエストIII 北極 ギルバート・G・P・ギルフォード CO2 ∀ガンダム 遊び人 神原駿河 戦場ヶ原ひたぎ 八九寺真宵 クー 武闘家 DQN 男友妹 エロガキ パンツ 伊藤かな恵 能登麻美子 女友母 月 青年 地球 阿澄佳奈 井口裕香 妹友 女剣士 アルヴィン 如月千早 IDOLM@STER テイルズオブエクシリア 鳥娘 真田明彦 不良 先生 タダクニ ヒデノリ タダクニ妹 ヨシタケ アシタカ エボシ 明智光秀 伊織順平 徳川家康 豊臣秀吉 お嬢様 幽霊少女 譲崎ネロ 木星 女母 従妹 父 ボーイッシュ 漆原るか サンドイッチ 鬼 キモオタ JK サン 引きこもり 副会長 美少女 委員長友 椎名まゆり 牧瀬紅莉栖 太陽 岡部倫太郎 IS BlueGender 魔物 女勇者 双子 輪廻のラグランジェ 橋田至 メガネ 京乃まどか 魔法少女まどか☆マギカ ラン ムギナミ オタク 

amazon
広告4
広告5
広告6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。