姉妹サイト:| SS保存場所(けいおん!)|  ネタ元:| SS深夜VIP|  サイト内検索:| GoogleSearch
SS保存場所(SS深夜VIP) TOP  >  エロ >  後輩「先輩の変態」男「……うぅ」

後輩「先輩の変態」男「……うぅ」 【エロ】


http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1326373217/




1 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:00:17 ID:6lzA0nTU


後輩「あの、こういうタイミングで言うのも変ですけど」

後輩「わたし、先輩のこと好きだったんですよ?」

男「…………」

後輩「だって先輩、かっこいいし、人気もあるし、優しいしってみんな言ってたんですよ?」

後輩「正直、わたしなんて相手にもされないだろうなって思ってたんです」

後輩「先輩、わたしが困ってるときいつも助けてくれたし、優しくしてくれたし、うれしかったんです」

男「…………ハァ、ハァ」

後輩「まさか、先輩がこんなに変態さんだとは思いませんでしたけど」





2 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:00:35 ID:6lzA0nTU


男「…………うっ」

後輩「放課後で人がいないとはいえ、鍵がかかってる倉庫の中とはいえ、下半身裸になって」

後輩「息荒げて、床に寝そべって、手でそんなところ触って……」

男「これは……ちがう」

後輩「ちがうんですか。どうちがうんですか?」

男「これは、お前が……」

後輩「……なんだか、そうやって弱々しい声を出されると、まるで女の子みたいですね」



3 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:00:54 ID:6lzA0nTU


後輩「わたしも、ドキドキしてたんですよ」

後輩「ふたりきりで倉庫に隠れて話をするの。嬉しかったんです」

後輩「隣に並んで座ってると、他の女の子たちに対しても優越感あったし」

後輩「先輩もわたしのこと気にしてくれてるのかなって」

後輩「……それで」

後輩「どうして隣に座っているだけで勃起しちゃったんですか?」



4 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:01:09 ID:6lzA0nTU


後輩「そのうえ、わたしにそれを見つかって、しかもおさまりがつかなくなって……」

後輩「普通の人なら恥ずかしくて仕方ないことですよね」

男「お前が見せてほしいっていったんじゃないか……!」

後輩「先輩は頼まれれば誰にでもおちんちん見せちゃうんですか?」

男「そういうわけじゃ……」

後輩「でも、そういう話ですよね?」



5 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:01:22 ID:6lzA0nTU


後輩「それに、こらえきれずに自分で始めちゃうし……」

後輩「右手でシコシコしごいてる先輩の姿、すっごくみっともないですよ」

後輩「クラスの女の子たちがみたら、幻滅しちゃうと思う」

後輩「……それで」

後輩「なんで年下の女にこんなに好き勝手言われて、それでも右手を動かし続けてるんですか?」

後輩「ひょっとして先輩ってそういう願望でもあったんですか?
   見られながらオナニーしたいっていう?」

後輩「それって、変態は変態でも、かなりレベルの高い変態さんですよね」

男「…………」

後輩「否定できませんよね。すっごく大きくなってるし……それに、手、止まってませんもんね」



6 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:02:31 ID:6lzA0nTU


後輩「……びくびくしてる。真っ赤になって血管が浮き出てますね。
   でも、へえ。こんな形になってたんだ」

後輩「なんか、先っちょのほう、つるつるしててかわいいですね、これ」

後輩「……そんなに激しく動かしてると、よく見えないんですけどね」

後輩「ちょっと気になったんですけど、先輩ってひょっとして童貞、ですか?」

後輩「……ですよね。こんな趣味があったんじゃ、
   普通の女の子とまともなセックスなんてできませんもんね」

後輩「先輩、変態だなあ」



7 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:02:44 ID:6lzA0nTU


後輩「先輩、なんかちっちゃい子供みたいですね」

後輩「こんなところでこらえきれずに始めちゃうなんて、
   子供だってしていいことと悪いことの区別くらいつくのに」

後輩「気持ちいいことしたくて我慢できないなら、それって、赤ちゃんと一緒ですよね」

後輩「……なんで泣きそうな顔してるんです? 悔しいんですか?」

後輩「じゃあ、やめちゃいます?」

後輩「べつに、ここでおしまいにしちゃってもいいですよ。ていうか」

後輩「……まさか、後輩に見られながら最後までしたいなんて、考えてないですよね?」



8 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:03:01 ID:6lzA0nTU


後輩「それはないですよね。先輩がいくらこらえ性のない変態さんでも……」

後輩「このまま最後までしちゃったら、それはもう赤ちゃんじゃなくて、動物と同じですよね」

後輩「……あ、先っぽからなんか出てますね」

後輩「うわっ、ちょっと、先輩、激しくしすぎて雫とんでますから!」

後輩「うわ、制服についた……」

後輩「……先輩、これなんですか?」



9 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:03:16 ID:6lzA0nTU


後輩「……男の人も濡れるんですね。知らなかった」

後輩「……気持ちいいと出るんですか? じゃあ、先輩、いまきもちいんだ?」

後輩「見てて痛そうなくらい強くこすってるのに……」

後輩「変なの。これ、先輩が特別に激しいんですか?」

後輩「……そうに決まってますよね。先輩、きもちよくなりたくてがまんできない人みたいだから」

後輩「ねえ、先輩。わたしにしてほしいこととかあります?」

後輩「先輩のオナニー、手伝ってあげましょうか」



11 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:03:30 ID:6lzA0nTU


後輩「……えっと、そういえば、男の人って、なんていうんですか。
   オカズ……? が、必要なんですよね」

後輩「……じゃあ、おっぱい? それともパンツ?」

後輩「よくわかんないです。わたし、オカズになりますか?」

後輩「……見せてほしいところとか、あります? 恥ずかしいけど、ちょっとはがんばりますよ」

後輩「わたしも見せてもらってますし、おあいこです」

後輩「……えっと。じゃあ、スカート、めくればいいのかな」

後輩「……んっ」



12 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:03:41 ID:6lzA0nTU


後輩「な、なんか、恥ずかしいですね。先輩、よくこんなことできますね」

後輩「わたし、無理そうなんですけど」

後輩「……え、近くに行かなきゃだめなんですか?」

後輩「でも、あんまり近いのは、ちょっと……」

後輩「……分かりましたよ! 特別ですからね?」

後輩「……なんか、自分がすごくバカになってる気がする」



13 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:04:03 ID:6lzA0nTU


後輩「……また激しくなった。なんかもう、腕疲れないんですか?」

後輩「……先輩、顔近づけないでください」

後輩「なんで匂い嗅ごうとしてるんですか! 変態ですか!」

後輩「……あ、変態でしたね。先輩は」

後輩「やめてくださいよ、ほんとに。さすがに引きますよ」

後輩「でもほんと、赤ちゃんみたいですね、先輩」



14 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:04:25 ID:6lzA0nTU


後輩「……先輩、できればでいいんですけど」

後輩「触ってみてもいいですか? それ」

後輩「……あ、いや。ダメならいいんですけど」

後輩「ちょっと興味が……あるんです、けど」

後輩「じゃ、触りますよ……?」

後輩「……なんかぴくぴくしてますけど、これ動かしてるんですか?」

後輩「……勝手に動くんだ。変なの。……なんかこれ、おねだりしてるみたいじゃないですか?」

後輩「なんか、どんどんかわいく見えてきましたけど」



15 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:05:03 ID:6lzA0nTU


後輩「えっと……」

後輩「え、先の方はだめなんですか? 敏感だから?」

後輩「そんなこと言われると、余計に触ってみたくなっちゃいますね」

後輩「……ごめんなさい、先輩」

後輩「……うわ、変な感触」

後輩「先輩、目瞑っちゃってどうしたんですか? 息荒くなってますけど」

後輩「……あの、ここって、ひょっとして触るだけで気持ちいいんですか? 特別何かしなくても」

後輩「じゃあ、指先で擦ってみたり、したら、どうなるんですか?」

後輩「……んしょ、と」



16 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:05:19 ID:6lzA0nTU


後輩「なんか、先輩、足がびくびく跳ねてますよ。大丈夫ですか?」

後輩「んっと、じゃあ、次はこの、棒みたいなとこ?」

後輩「え、なんですかこれ。すっごく熱い……」

後輩「こんなに熱いもんなんですか?」

後輩「……握ってるとどくどくしてるのが伝わってきますね」

後輩「先輩は、さっきこれを擦ってたんですよね」

後輩「これ擦るだけで気持ちいいんですか?」



17 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:05:34 ID:6lzA0nTU


後輩「……先輩、声も出ない感じですね。他の人に比べて、先輩が特別敏感なんですか?」

後輩「まあ、比べたことなんてないでしょうけど、
   それにしても、手で触られただけで声も出ないって、敏感すぎません?」

後輩「軽めに握ってるだけですよ?
   こんなのでそんなに感じちゃったら、えっちなんてできないじゃないですか」

後輩「……先輩、後輩の女の子にこんなことされるだけで、
   感じちゃって、余裕なくなって、息が荒くなっちゃうんですね」

後輩「先輩のこれ、ちょっと敏感すぎるんじゃないですか?
   こんなんじゃ、女の子となんにもできませんよ」

後輩「いつもはやさしくリードしてくれてるのに、えっちなことはダメダメなんて」

後輩「ちょっと、男としてなさけないかも」

後輩「でも、変態さんだからしかたないですよね」

後輩「これからわたしが鍛えてあげましょうか?
   先輩の敏感なおちんちんが、もうちょっと我慢できるように」



18 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:06:24 ID:6lzA0nTU


後輩「また先っぽからなんか出てきた。触っていいですか? ……うわ、すごい。糸ひいてる」

後輩「ぬるぬるのべたべたですね。なんかおもしろいかも」

後輩「あ、まだ出てくる。とまんないですね」

後輩「先輩、わたしにこれを握られるだけで抵抗できなくなっちゃうんですね」

後輩「なんか、先輩を弄んでるみたいで、すっごく楽しいかも」

後輩「……そろそろ出したい、って。え、ほんとに出すんですか?」

後輩「だって、出すって、その、射精、ですよね。そんなの、恥ずかしくないんですか?」

後輩「わたしに一方的にいじられて出すなんて、ちょっと男としてみっともなくありません?」

後輩「そりゃ、ここまでしておいてやめたら、生殺しではあるでしょうけど」

後輩「……でも、まさか出すなんて」



20 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:06:37 ID:6lzA0nTU


後輩「……分かりましたよ。させたのわたしですし。
   っていっても、おっきくしてた先輩が悪いんですよ」

後輩「じゃあ、どうすればいいんですか?」

後輩「なにが、って、どうすれば射精するんですか、って聞いてるんですけど」

後輩「……わたし、変なこと言いました?」

後輩「えっ、下着脱ぐんですか?」

後輩「……変なこと、しませんよね?」

後輩「でも、うう、それは……」

後輩「わ、分かりましたよ。こうなったらどこまでやったって同じです」



21 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:06:50 ID:6lzA0nTU


後輩「……え、かぶせるって、え、これを? それに?」

後輩「……正気ですか?」

後輩「ていうかそれ楽しいんですか?
   今度ばかりは先輩の変態かげんについていけなくなったんですけど」

後輩「……ああ、はい。分かりました。もうこうなったらどこまでやってもおんなじですからね」

後輩「でも、なんで下着の中身より下着の方に興味を持つんですか?
   ……わたし緊張して損したじゃないですか」

後輩「……このまま、これで擦ればいいんですか?
   ……なんていうか、素手より気持ちいいもんなんですか?」

後輩「……わたしの手、布に負けたんですか。……そうですか」



22 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:07:11 ID:6lzA0nTU


後輩「……あの、先輩。布に残った体温がどうとか力説されても、
   ちょっとわたしよく分からないです」

後輩「じゃあ、擦りますよ」

後輩「変態だとは思ってましたけど、まさかここまでだとは」

後輩「先輩、いっつも女の子のスカート気にしてましたもんね」

後輩「階段になると歩調が遅くなったり、ちらちら様子をうかがったり」

後輩「そんなにパンツ好きなんですか?」

後輩「……ですよね。こんなにびくびくしてますもんね、先輩のおちんちん」

後輩「……じゃあ、これからもときどき、こういうことしてあげましょうか?」



23 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:07:28 ID:6lzA0nTU


後輩「してほしいんですよね? ……やっぱり変態さんですよね」

後輩「だって、男の人ってふつう、女の子にこういうことをしたい、とは思っても、
   こういうことされたい、って言わないじゃないですか」

後輩「つまり先輩って……Mなんですね」

後輩「……でも、いいですよ、それでも」

後輩「普段はかっこいい先輩が、えっちなことになるとかわいくなるんですから」

後輩「それって、すっごく良くないですか?」

後輩「……そろそろ、出ちゃいます?」



24 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:07:46 ID:6lzA0nTU


後輩「いいですよ。我慢できなくなったら、いつでも」

後輩「好きなだけ出していいですよ。下着、汚れちゃうけど……まぁ、あとで考えます」

後輩「いまは好きなだけ気持ちよくなっていいですよ」

後輩「わたしが見ててあげるから、たっぷり射精してください」

後輩「……早くしますよ」

後輩「ぬるぬるが出てきて、下着もう汚れちゃってますね」

後輩「でも、先輩。気付いてた? 実はこれ、さっきからちょっと汚れちゃってたんですよ」

後輩「……先輩、苦しそうなくらい悶えてますね」

後輩「そろそろ、ですか?」

後輩「……あっ」



25 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:08:01 ID:6lzA0nTU


後輩「……すご。こんなふうに出るんだ」

後輩「……なんか不思議な感じがしますね。

後輩「まだびくびくしてる。かわいい。先輩、ぐったりしちゃってるし」

後輩「……下着、どろどろ。うわあ、すごいにおいですね……」

後輩「先輩、すごく疲れた顔してる。そんなに体力使うものなんですか?」

後輩「……あの、気持ちよかったですか?」

後輩「……ですか。そうですか。変態さんですね」

後輩「でも、変態さんな先輩、嫌いじゃないですよ」

後輩「これからもこっそり、えっちなこと、しましょうか」



27 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:08:30 ID:6lzA0nTU

osimai




29 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 22:30:59 ID:pM.OPknI

むっはー



30 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/12(木) 23:46:03 ID:ENuu7/Jk

これは終わってしまったのか?

後輩の台詞だけだと何か怖いな






関連記事

ランダム記事(試用版)


けいおん!

後輩「先輩の変態」男「……うぅ」
[ 2012/03/21 21:11 ] エロ | 後輩 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
このサイトは、SS深夜VIPで完結したと思われるSSを取り扱っています。
★完結作をまとめるスレ★
色変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更



ブーン顔文字色

ユーザータグ

男 女 妹 幼なじみ 男友 女友 兄 姉 織斑一夏 後輩 織斑千冬 ツンデレ 勇者 山田真耶 鹿目まどか ラウラ・ボーデヴィッヒ 篠ノ之箒 セシリア・オルコット 少女 弟 シャルロット・デュノア 美樹さやか 先輩 凰鈴音 篠ノ之束 男妹 ヤンデレ 委員長 暁美ほむら 俺 魔王 巴マミ ドクオ 佐倉杏子 生徒会長 ブーン 男母 母 元気娘 メイド ショボン 助手 アイギス キュゥべえ しぃ ツン ルルーシュ・ランペルージ 幼女 山岸風花 女神 桐条美鶴 岳羽ゆかり 小鬼 忍野忍 妖狐 C.C. キタロー 紅月カレン 幼鬼 女騎士 男父 魔法使い 少年 阿良々木暦 僧侶 生徒副会長 国王 サキュバス 女魔法使い 女戦士 男僧侶 劉備 弟友 所長 関羽 悪魔 孔明 惣流・アスカ・ラングレー 碇シンジ 天使 病院 綾波レイ 女姉 保健教師 体育教師 読書娘 軍オタ 隣人女 女教師 くの一 同僚女 博士 傭兵 志筑仁美 鹿目詢子 隣女 ヴァンパイア グリフォンマスク 騎士 風呂桶 風呂 メリーさん 忍野扇 阿良々木火憐 阿良々木月火 エルキュール・バートン コーデリア・グラウカ マウス 空気清浄機 なでなで アメダス シャーロック・シェリンフォード 雨 千石撫子 羽川翼 王様 大臣 ドラゴンクエストIII 北極 ギルバート・G・P・ギルフォード CO2 ∀ガンダム 遊び人 神原駿河 戦場ヶ原ひたぎ 八九寺真宵 クー 武闘家 DQN 男友妹 エロガキ パンツ 伊藤かな恵 能登麻美子 女友母 月 青年 地球 阿澄佳奈 井口裕香 妹友 女剣士 アルヴィン 如月千早 IDOLM@STER テイルズオブエクシリア 鳥娘 真田明彦 不良 先生 タダクニ ヒデノリ タダクニ妹 ヨシタケ アシタカ エボシ 明智光秀 伊織順平 徳川家康 豊臣秀吉 お嬢様 幽霊少女 譲崎ネロ 木星 女母 従妹 父 ボーイッシュ 漆原るか サンドイッチ 鬼 キモオタ JK サン 引きこもり 副会長 美少女 委員長友 椎名まゆり 牧瀬紅莉栖 太陽 岡部倫太郎 IS BlueGender 魔物 女勇者 双子 輪廻のラグランジェ 橋田至 メガネ 京乃まどか 魔法少女まどか☆マギカ ラン ムギナミ オタク 

amazon
広告4
広告5
広告6