姉妹サイト:| SS保存場所(けいおん!)|  ネタ元:| SS深夜VIP|  サイト内検索:| GoogleSearch
SS保存場所(SS深夜VIP) TOP  >  スポンサー広告 >  ホラー >  女「犯されたい!」女友「」

スポンサーサイト 【スポンサー広告】


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)

女「犯されたい!」女友「」 【ホラー】


http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1328365612/




1 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/04(土) 23:26:52 ID:IJMV.e0c


女「犯されたいのよ!!こう、肉食系なドS彼氏にめちゃくちゃになるまで犯して欲しいの!」バンッ

女友「ちょっと!声大きい!ここ食堂だし、処女なのになんてこと言ってるのよ!」ヒソヒソ


女「知るかぁっ!わったっしは!今!Just now!犯されてアヘりたいの!」

女友「ほんとやめてっ…!変な噂立つよぉ…」


ザワザワリ

女友「ほらっ!早く!でようよ!!!」グイグイ

女「あのっ!さっき言ったみたいな人!本気で募集してますので!」オネガーイ




2 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/04(土) 23:28:12 ID:IJMV.e0c

男友「なんだよ、さっきのやつ……。きっしょ。なぁ男?」

男「……」ポー


男友「おいおい冗談よせよ……。お前自信もって草食系男子って言えるじゃん」

男「うるへー」ボケー


男友「あとさっきの発言聞いた肉食系を代表するDQNもドン引きしてるぞ」

DQN「」ドーーーーーーンビキ


男「ちょっと行ってくる」ガタッ

男友「あ!おい待てバカ!せめてあの女の友達から近づけ!あの女に直は危険そうだ!」

男「フッ……」シュバババ


男友「あっ…!くそっ……オレのとこに居ろよ…なーんて言えないな…」



3 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/04(土) 23:29:14 ID:IJMV.e0c

男「こ、こんにちわ女さん」

女「ふえ?誰あなた?用事?」


男「あのさ……」

女友「女ー!食堂で食べそびれた分のパン買ってきたー!」バーン

女「あ、ありがとー!知らない誰かくん、また後でいい?放課後とか」


男「……」コクン スタスタ

男友「やっぱりなー…行動力はあるのに、
   話すと草食というか好きな人相手に何も言えないというか……」カゲカラッ


女「さっきの人、肉食系さんかなー」モグモグ

女友「誰、さっきの?ぱっと見は草食系でしょー」モグモグ



4 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/04(土) 23:29:55 ID:IJMV.e0c

女「甘いわ!女友!ああいう人は家に行くと急に肉食になったりするのよ!!!
  そして…私を食べちゃうぞーなんて…」キャー///

女友「あーそうなんだー」ボウヨミ
  (やばいまたスイッチ踏んだわ…女はどれだけ肉食系男子を欲しているというの…)

女「決めたわ……。私、今日さっきの人の家に行く……!」

女友「ええーーーーー!?なんで、どこにその要素が!?
   初めて知り合った人にほんとに処女奪われるyって…あんたはそれが望みか…」

女「そう!女友も最近分かるようになってきたねー。
  彼氏じゃなくとも!まるで強姦のように!犯してくれてもいいのよ!」

女友「なんでこの子ほんと処女のくせに乱暴されたいの…
   セックスがどのくらい気持ちいいってことすら知らないだろうに…」


女「へぇ~?女友は知ってる~って口調だね~?詳しくレクチャーしなさい!私が参考にする!」

女友「あ、しまった……。い、いやーーーーー!」



6 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/04(土) 23:30:42 ID:IJMV.e0c

===放課後

男「放課後って言ってたけど、どうすればいいのかな…。とりあえず女さんのところに行こう」


女「あ!誰かくん!ちょうど良かった~。一緒に帰ろうよ!あなたのこと知りたいの!」グイ

男「へ?あ、あ、うん///」



女「男くんって言うんだ~。趣味は?」

男「ら、らいおんのDVDを見ることなんだ…あはは」テレワライ


女「!!!!」ピーン!
 (キタっ!これはキタわ!ライオンといえば肉食動物の代表!
  肉食の意味は違うけど、力強さは同じはず!しかも!男くんの家に乗り込む口実!!)

女「ねぇ、男くぅん。私、そのDVD見たいなぁ~。見に行ってもいい~?」ギュッ


男(急に手を!?落ち着け…落ち着くんだ…これはチャンスだ…平常心で…)ドキドキ
 「あ、あ。うん……いいひょ」


女「ふふっ、やったぁ♪」

男(いいひょってなんだよぉおおお これだめなんじゃ…あれ?いいんだ良かった……)



7 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/04(土) 23:31:25 ID:IJMV.e0c

女「あーおもしろかった!かっこいいねぇライオン!」

男「だ、だよね!もうガブリと草食動物たちを食べるのが心にしみるんだよ~」


女「(いまだっ)……男くん…さっきのライオンみたいにぃ……私のこと食べてくれなぃ……?」ギュゥゥ

男(なななんあななあなあああああなんだってぇええええ)ドギマギ


男(ここは……紳士に……なるんだっ……
  えさを前に我慢なんて犬でもできるんだ……本能に任せたらきっと後で…困るんだ!)

男「お、女さん…そ、そういうのは…好きな人と…するものだよ…」


女「女の子に先に好きって言わせるの……?」ウワメヅカイッ

男「うっ…だ、だってまだ会って一日だし…」アトズサリーン

ピッ

『---最近、県内某所で女子高生連続連れ去り事件が発生しています。
 犯人はいまだ不明。連れ去られた女子高生の行方も掴めていません。
 死体がないことからいまだ死者は出ていないと予測されますが、
 警察は強姦事件なのではないかという線で調査をすす----』

ピッ

男(やばいやばい変なところでテレビのスイッチ点けちゃったよぉ…)

女「怖いねー…分かった!男くん!今は諦めるわ!
  そ・の・代・わ・り、私をこれから毎日送り迎えすること!」

女(こうすれば…絶対に欲に負けて襲ってくれるはず…ぐふふ)


男「へっ!?あ。わ、わかったよ…」

男(いつまで持つかなマイサン…でも好きな子と帰れるなんてっ)グッ


女「やった!けってぇ~さ、明るいうちに帰ろ!送ってってよ~」グイ

男「は、はい!」



9 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/04(土) 23:33:40 ID:IJMV.e0c

女友「なるほど。ターゲットを一人に絞ったわけね」

女「そうなの!いっぱいの人に蹂躙されるのもいいけどぉ、やっぱ処女だし?最初は一人がいいじゃん」

女友「でも、男って草食系なんでしょ?いいの?」

女「いや!彼は肉食系よ!昨日のライオンDVDで確信したわ!絶対草食系のフリをしてるのよ!」

女友「でた…女の確信…これ大概外れるのよねー」ボソッ

女「きっと彼の下半身には熱く煮えたぎるジョニーが!」ゾクゾク

女友「もーすきにするがいいよー。あんたに付き合ってられん。男落として幸せにやりなー」

女「え?やだぁー将来的には多夫一妻目指してるのに~」

女友「」



10 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/04(土) 23:34:21 ID:IJMV.e0c

女「それでね!今日から行きも帰りも一緒なんだぁ~。
  ちゃんと来るとき道路側歩いてたんだよ~かっこいいんだよ!」

女友(この発言だけ聞けば恋する乙女なのに……)

女「あんまり喋んないんだけどさー、
  きっと『こいつを犯すまで守りきるっ』とか考えちゃったりしてして~~!」

女友「それはない、それはない。
   まー連続連れ去り事件だっけ?そういうのあるし一緒にいるのはいいことだけど」

女「あれってさ…連れ去ってもらえば犯されて、調教されてアヒンアヒンなるのかなっ?」

女友「くっいっつっくっなっ!あんた男一人に絞ったわけじゃないの?」

女「男以外でも私を犯してくれるならそれはもう、やぶさかではない……っ」

女友「何その無駄に低くていい声……」

女「さ、早く今日終わらないかな~ふふん」

女友(いままで絡むやつすらいなかったから上機嫌なのはいいことなんだけどなー)



12 名前:1:2012/02/05(日) 00:09:03 ID:nRusIGZI

===数日後

女「男く~んか~えろっ」

男「あ、ご、ごめん。今日は無理なんだ…ほんとごめんね…」

女「そっかぁー分かった」

 (結局毎日のように男くんの家に言ってるのに犯してくれないし…)

 (そうだ!尾行してみよう!もしかして男くんには私を犯せないわけが…あるのかも!)



14 名前:1:2012/02/05(日) 00:14:52 ID:nRusIGZI


男「待った?」

???「ううん!待ってないよ!早く行こうよ~!」


女「誰あれ…まさか!二股!?」カゲカラッ


男「ごめんね、最近会えなくて。その代わりといっちゃなんだけど、いっぱい愛してあげるよ…」チュッ

???「///う、うん…」


女「!?!?やっぱり!やっぱり男は肉食!なのに…なんで私は犯してくれないのかなぁ…」コソコソ


男「さぁ、お入り。泊まって行くよね?」

???「……///」コクコク


女「もしかして彼女さんかな…私のことはなんとも思ってないとか…」グスン



15 名前:1:2012/02/05(日) 00:21:20 ID:nRusIGZI


女友「ええーーーー!!!なにそれなにそれ!浮気じゃん!!」

女「でもさ、私、男くんと付き合ってないし……それなら犯してくれないわけも納得いくし……」

女友「あーまぁそうだけど!でも、態度違いすぎだよ!別人みたいじゃん!おかしいって!」

女「うん、そうだね……」

女友「女……?もしかして、男に普通に恋してたの?」

女「ち、違うもん!今も誰でもいいから犯してほしいとは思うけどさ……
  初めては男にあげたいって思ってさ。でも、彼女いてさ。わかんないよぉおーーー!」ウワーン

女友「よしよし。もう男に直接聞こ?」

  (女完全に自分が落ちてるじゃん……
   いや、犯してとか叫ばないのはいいんだけど。……やっぱり女は普通の女の子だったのかな)



17 名前:1:2012/02/05(日) 00:27:51 ID:nRusIGZI


男友「おい、男。女友さんが呼んでるぞ。すげー剣幕。何かした?」

男「へっ?俺は何もしてないと思うけど……」

男友「あのさ、女さんを……結局…お、犯してないの……」コソコソ

男「好きな子相手にそんな出来ないって」コソコソ

男友(そうか…男はまた女とヤってない…男はまだ処女…)ゴクリ

  (女友さんの話はおそらく女について…もし男が振られたら、オレが慰めて…)ウホッ



18 名前:1:2012/02/05(日) 00:30:47 ID:nRusIGZI


女友「男くん。単刀直入に聞くけど、彼女いるの?」

男「?いないよ?」

女友「じゃあ昨日一緒にいて、キスしてたのは誰?」

男「げっ……見てたんだ……。あれは、従妹だよ…。
  俺のこと好きらしくてさ、諦めるかわりに
  ベットに入る直前まで肉食系で演技してくれって…頼まれて……。」

女友「はぁ?何それ。それを見た女は傷ついてるんだよ?
   自分を放って他の女と寝たと思ってるの!ふざけないでよ!」

男「ひっ…ご、ごめん……。ちゃ、ちゃんと女さんに説明して謝るよ…」



19 名前:1:2012/02/05(日) 00:32:26 ID:nRusIGZI


女「その必要はないよ…。男くん、その従妹さんとはシてないんだよね?」

男「も、もちろん!命かけても!」コクンコクン

女「じゃあさ、私のこと…好き?付き合ってくれる…?」


男「…は、はい!す、好き…です…!つ、付き合って…く、くだひゃい!」

女「ぷっ、くだひゃいって…。…はぁ…よ、よかったぁ…」ヘタン

女友「ちょ、こ、これでよかったの?信じるの?」

女「男くんはね、本当のこと言うときは緊張して絶対噛むんだよ。だからだいじょーぶ」ニコ

女友「そうなんだ…。あれ?私と話したときは噛んでないよ?まさかさっきの嘘!?」

女「ちがーう。男くんは私に本当のこと言うときに噛むの。
  きっと愛してくれてるんだよぉーそして、これから犯して…」グヘヘ



22 名前:1:2012/02/05(日) 00:40:42 ID:nRusIGZI


女友「ちょっ女!よだれ!………男くん。私はまだ信用できてないけど、女を……よろしくね」

男「ま、まかせてっ!絶対女さんをあ、あ、愛しきるから!」

女友「あと、言いにくいんだけど、今日くらい犯してあげて…?
   この子たぶん妄想のしすぎでこんなぶっ飛んでるんだろうけど、
   そろそろ犯してあげないと本当にイカレちゃいそうだし……」

  (なんでこんなこと言わないといけないんだろ…。ちょっと過激な少女漫画貸すんじゃなかったわ…)



23 名前:1:2012/02/05(日) 00:46:18 ID:nRusIGZI


===帰り道


女「~~♪男くんの手~♪」ギュ

男「は、恥ずかしいよ…」

女「だめー!肉食になりなさい!私を食べるんだしょうが!」

男「ええー…。ほんとにやるの?」

女「そうよ!昨日も連れ去り事件あったみたいだし…
  早く犯してくれないと私連れ去られちゃうんだからっ!」

男「分かったよ。に、肉食になっていいんだね?」

女「ほら!昨日の従妹さんにしたみたいに!別人のように!」

男「すーはー」

男「…女、今日は帰さないし、寝させないから」チュッ

女「~~~っ///」

男「入って。準備なくていいだろ?」ガチャ

女「う、うんっ。は、早く私をめちゃくちゃにしてぇ~」



26 名前:1:2012/02/05(日) 00:51:48 ID:nRusIGZI

男は家の扉をあけて女を引っ張りながら、奥の部屋に行く。
いつも招いていた男の部屋ではない。
女は寝室に連れて行かれるのだと胸を高鳴らせた。
ギイッという音を立て、部屋の扉が開かれる。壁は一面真っ赤。
部屋の真ん中にあるベッドも真っ赤で、手錠や鎖、猿轡が放置されていた。

女「な、なにこれ!やっぱり男くんは肉食系男子だったんだ!しかもドSの!や、やばい…!」ジュルリ

男「お前、ずっとめちゃくちゃにされたがってただろ?してやるよ…」

女をベットに押し倒し、重なる。
そして、強引に唇を奪い、舌をねじ込む。

女「…ん…はぁっ…ぁっ…んちゅ」



27 名前:1:2012/02/05(日) 00:55:59 ID:nRusIGZI

女にキスの快感を感じさせながら、手際よく女の服を脱がせていった。

女「やっ…んっ…ぁぁ…」

ピンクの下着姿になった女の肌はきめ細かく、汗がきらめいていた。
男が口を話すと、すでに女の顔は恍惚としている。
日々の妄想が現実になった喜びが快感を倍増させているようだ。

女「はぁ…はぁ…男くぅん…上手なんだね…わたひ、もう…濡れちゃった…」

男が視線を移すと女は誘うように股を開く。
すでにショーツは濡れて染みができている。
真っ赤なベットで白い肌の女の姿は異様なほどに鮮明に浮かび上がり、
綺麗な脚は男の本能を爆発させるには十分なものであった。



29 名前:1:2012/02/05(日) 00:59:32 ID:nRusIGZI


男「ほんとうに、やっていいんだな?」

女「もう…言わなくても……分かるでしょ…」

恥じらう女にもう一度男はキスをする。
そして、近くにあった手錠と足かせで女をベットに縛りつけた。
女は無抵抗にそれを受け入れる。
女にとって夢にまで望んでいたような処女の捨て方を実践しているようだった。

女「もっと…乱暴にして…はやく…さわってぇ…」



30 名前:1:2012/02/05(日) 01:03:45 ID:nRusIGZI

もじもじと内股にした脚をこする。
男は強引に女の脚を開き、その間に膝立ちする。
そして、無理やりブラジャーを引きちぎった。

女「いたっ」

女の小さな悲鳴を気に止めず、小ぶりだがお椀型の胸を揉みしだいた。
同時に膝で女の性器をグリグリと押す。

女「ひぁぁぁっ…!だ、だめなのぉ…刺激がつよっす…ぎて…
  ぁっ…だめっ…んっ…目がチカチカしちゃぅっ…あんっ…」



31 名前:1:2012/02/05(日) 01:17:48 ID:nRusIGZI

フルフルと首を振りながら女は自らも淫乱に腰を動かす。
足かせがカチャカチャと音を立てる。
女の脳はもうすでに真っ白で何も考えられなくなっていた。
処女にも関わらずここまでの快感を得られるほどに女の妄想は極限に達し、男を愛してしまっていた。
喘ぎ声はどんどんと大きくなり、ショーツはびちゃびちゃだ。
男は一旦女から離れる。
そして服を脱ぎ始めた。

女「はぁ…はぁ…やっと…挿入れてくれる……の?」

服を脱ぎ終わった男はベットの横から刃物を取り出す。
そして、慎重に、女の柔肌を傷つけぬようにショーツを切った。
露わになった恥部は年相応に毛が生え、てらてらと愛液で輝いている。
女はようやく挿入れてもらえると喜びに浸る。
だが、男は女の恥部に顔をうずめ、思いっきり愛液を啜った。

女「ふぁぁぁぁっ…!」

女の陰部を男の舌が縦横無尽に這いずり回る。
陰唇を掻き分け、陰核を口に含んで転がす。

女「…っっっ!!!いやぁっ…ぁ…おまんこらめぇっ…!ぁあ…んっ…びくびくなるよぉ…はぅっ…」

チュプチュプとイヤらしい音を立て、零れる液を舐めとる。
男は奥に奥にと顔をどんどん埋めていく。
男の鼻が、唇が、舌が、吐息が、女を悦楽へといざなう。
と、突然男が頭を少し離した。



32 名前:1:2012/02/05(日) 01:22:34 ID:nRusIGZI

そして、女のクリトリスを強く、噛んだ。

女「ぁあ゛~~~~~~っっ!!!!」

部屋いっぱいに女の叫び声が響く。
痛みと激しすぎる快感に悶え、イってしまった。
男の顔に少しだけ血がつく。
強く噛みすぎ、陰核に傷が付いていた。

女「イ、痛い…のにっ…気持ち…よくって…はぁ…」



37 名前:1:2012/02/05(日) 08:41:13 ID:nRusIGZI

虚脱感に女は全身の力を抜いた。
そこへ男が覆いかぶさり、乳首にキスをする。
空いたほうの乳房は手でこねくり回し、爪を立てながら刺激をした。
乳首を吸い、甘噛みする。

女「んぁぁっ…!び、敏感なのにぃっ…んはぁっ…ぁ…っ…んんっ!」

目をぎゅっと閉じ、強すぎるくらいの刺激に女は耐える。
苦しみを感じているような面持ちだが、女は確かに喜びを感じていた。
思いっきり乳房を吸われ、腰が浮かんでしまう。
逃げ出したいくらいの快楽でどうにか男から離れようとするが、手と足についた枷がそれを許さない。
男は黙々の乳首を弄り、濡れて求めるようにヒクヒクとする膣に指を突き刺して乱す。

女「ぁっ…ぁっ…ぁぁぁぁああっ!!んぁ…っはっ…はぁっ…っっっ」

男の指が二本入るころには女は意識を半分手放し、ただ快楽に打ち悶える人形と化していた。



39 名前:1:2012/02/05(日) 10:04:20 ID:nRusIGZI


そろそろか、と男は女から離れる。
物欲しそうに男を見つめる女に微笑むと、

男は

女の

太ももを

抉った。



40 名前:1:2012/02/05(日) 10:06:10 ID:nRusIGZI


女「――――――――っっっ!?」

意識が完全に覚醒し、女は自分の太ももを見る。
血が溢れ、肉が見えている。
太ももの肉が削がれた。
女が頭でそれを理解するまでに、男は抉った肉を口に含む。



42 名前:1:2012/02/05(日) 10:10:39 ID:nRusIGZI


男「ぁあ、美味しい…。女はすごいよ。
  俺が肉食だって気づいたんだから?
  まぁ?俺の肉食はカニバリズムだけど、意味の違いは気にしないって方向で」

クチュクチュとえぐい音をたて、女の太ももであった肉を嚥下する。
男の手には先ほど女のショーツを切った刃物があった。
そこには真っ赤な血が付いている。

女の血がサーっと引いていく。



45 名前:1:2012/02/05(日) 10:23:06 ID:nRusIGZI

男「顔が青いよ?肉食になれって言ったのは女じゃないか。
  ああ、もしかしてこの部屋の赤が気になるのかい?」

女はフルフルと首を振る。
恐怖に息がきれる。



46 名前:1:2012/02/05(日) 10:25:27 ID:nRusIGZI


男「違うのかー。まぁ説明してあげよう。
  この部屋はさ、血が飛んでも目立たないようにしてんだ。
  まぁ結局ヒトの血は黒くなっちゃうから意味ないんだけど。
  
  で、ほら、クローゼットの中も見る?」

部屋にあるクローゼットを開こうと男は歩く。
女にはそれが死神の闊歩に見え、ふと、クローゼットの中身が何であるか気づいてしまった。



47 名前:1:2012/02/05(日) 10:27:00 ID:nRusIGZI



『―――女子高生連れ去り事件―――』

生存者は確認されていない。死者も確認されていない。


クローゼットが開く。



49 名前:1:2012/02/05(日) 10:51:35 ID:nRusIGZI


男「どうだい?すばらしいだろう?ちゃんとご飯はあげてるよ?」

中には…昨日女がみた『従妹』が見るも無残な姿で吊るされていた。
体の至る所が女の太もものように削刀され肉が見えている。
血の気が引いているのか、血そのものはあまり垂れていない。
意識はないようでガクリと頭をうなだれている。
従妹の頭を男は髪をひっぱってもちあげ、キスをする。
口には猿轡がはめられているため、男は従妹の目にキスをした。



50 名前:1:2012/02/05(日) 10:54:16 ID:nRusIGZI


男「他にもあるけど見たいかい?死んでるのもあるかもしれないけど」

女「―――――っ!?」ブンブン

激しく却下の意で首を横に振る。
声は恐怖のあまり出ない。

男「まぁいい気分はしないよね。さて、挿入れてほしいんだっけ?」

クローゼットを閉じ、男は女に歩み寄る。



51 名前:1:2012/02/05(日) 12:21:56 ID:nRusIGZI

腕と脚をもみくちゃに動かすが、女は逃げることが出来なかった。
目からは涙がボロボロと零れ、声の出ない口は叫ぶような格好をしている。
一歩、また一歩と近づくたび男の顔はにこやかに、女の顔は恐れに支配されていった。
男は刃物を女の胸にあてがう。
そして、傷をつける。
それだけで女は抵抗の意思をなくした。
力が入らない。
女は腰を抜かしてしまった。

女「――――けてっ!助けてぇ!!!!おねがいっやめてやめてやめてやめて!!!」

男「さあ、女の望みどおり、死ぬほどめちゃくちゃにしてやるよ!!!」



53 名前:1:2012/02/05(日) 12:23:51 ID:nRusIGZI


熱い肉棒を女の濡れそぼった秘所に突き刺す。
勢いよく刺さった肉棒は処女膜をやぶった。
血が接合部からにじみ出る。

女「っ…!…ぁっ…やだっ!やだ止めてっっ!」

脚を閉じようにも男の体が間に入っていて閉じることは適わない。
体のどこを動かそうとも抵抗すらできない。
女は為すがままに犯された。
破瓜の痛みなど感じる暇もない。
動くたびに太ももが痛み、男の手が胸を弄ぶたびに胸の傷が痛み。

女は意識を手放したいと心より願う。



54 名前:1:2012/02/05(日) 12:26:27 ID:nRusIGZI


だが、男は意識を失うほどの痛みも快楽も与えない。
ゆるゆると男の腰が動く。
処女であった女の中はきつく、ゆっくり動くだけでも男の射精感を高ぶらせた。

男「激しくしてもいいか?」

わざとらしく、優しい声で女に語りかける。
女は頷いた。
激しくして早く終わってほしいという思いと、
もどかしく感じる快楽ではなくエクスタシーを感じたいという思いとで。
男は口の端を歪めると抜け落ちるほどに腰を引き、奥深くへ打ち付けた。



55 名前:1:2012/02/05(日) 12:31:30 ID:nRusIGZI



女「ひぁっ…っ!…んっ…んっ…ぁっ…はぁっ…んっ…」

リズムよく腰が合わさる。
徐々に女は感じ始める。
痛みなんて忘れてしまうような甘い感覚が女の脳内を占めていった。
じゅぷじゅぷと卑猥な音が耳に届く。

男「ほら…全部…感じちまえよ」

女の耳元で囁く男の声は女のリミッターを外した。
全てを忘れ、快楽だけを感じようと、女自ら腰を動かす。

傍から見るとそれはただの雌であった。



56 名前:1:2012/02/05(日) 12:57:05 ID:nRusIGZI


女「あっあっ…もっと…っ…もっとぉっ…ぁっ…ぁあっ」

ピストンの速度は増していく。
時折男は女の太ももに触れ、その血のついた指を舐める。
女はそれすら気持ちよくなってきていた。

女「ぁぁっん…もう…ぁんっ…イくっ…ぅっ…イクのぉおおおおっっ」

女が波のように寄せる快感に唇を噛み、身を強張らせる。



58 名前:1:2012/02/05(日) 15:20:59 ID:nRusIGZI


そしてまさに絶頂に達するそのとき、男は肉棒を引き抜いた。

女「ぁああっ………えっ?」

イかせてもらえず、女は身もだえする。

女「はぁっ…はぁ…ねぇ…イかせてよ…?ねぇ!」

男は女についた足かせの鎖を緩めると女を四つんばいにさせた。
そして、女の美尻にキスをすると、

削いだ。



59 名前:1:2012/02/05(日) 15:31:43 ID:nRusIGZI


女「あ゛ぁ゛ぁ゛ああああああああああ!?!?!?!?」

女はうつぶせに倒れ、痛みに耐える。
意識を失おうとすると男が傷口に手を刺す。

男は絶妙なタイミングで痛みを与えていた。
切られた尻の肉を男が食べる音がする。

女「あっひっ…はぁはぁはぁ…いぃっ…」


男「言っただろう?寝させないって」


男は女がイク直前に性交を止め、その度に削刀して女の肉を食べていった。

一晩中女の喘ぎが、悲鳴が、途切れることはなかった。



60 名前:1:2012/02/05(日) 15:43:13 ID:nRusIGZI



女友「男ー?女、知らない~?学校来てないんだけど」

男「ああ、疲れてうちん家で眠ってるはずだよ」

男「…そうだ、女友さん、今日うち来ない?」

女友「は?なんで?二股?」

男「いやいや、女さんの服切ったりしちゃったからさ、
  女さんの家から持ってきてくれるとありがたいなーって」

女友「あー……そういうことか。わかった行くよ」


男(さぁ、お楽しみはこれからだ……)


『―――女子高生連れ去り事件は依然犯人の手がかりすら掴めず、犠牲者を増やしています―――』


Fin.




62 名前:arein:2012/02/05(日) 16:12:21 ID:tDBde5qk

起きて覗いたらいきなり超展開・・・ナンテコッタイ

乙!倒錯的だね!



64 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/05(日) 17:38:33 ID:DoS5mM6A





66 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/06(月) 00:05:23 ID:rfYMvSL2

ちょっと 急だけど
乙だね (゚∇゚)



67 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 02:56:23 ID:9bj9fEB2

なかなか良かった、おつ





関連記事

ランダム記事(試用版)


けいおん!

女「犯されたい!」女友「」
[ 2012/03/30 15:12 ] ホラー | 男友 女友 | CM(0)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
このサイトは、SS深夜VIPで完結したと思われるSSを取り扱っています。
★完結作をまとめるスレ★
色変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更



ブーン顔文字色

ユーザータグ

男 女 妹 幼なじみ 男友 女友 兄 姉 織斑一夏 後輩 織斑千冬 ツンデレ 勇者 山田真耶 鹿目まどか ラウラ・ボーデヴィッヒ 篠ノ之箒 セシリア・オルコット 少女 弟 シャルロット・デュノア 美樹さやか 先輩 凰鈴音 篠ノ之束 男妹 ヤンデレ 委員長 暁美ほむら 俺 魔王 巴マミ ドクオ 佐倉杏子 生徒会長 ブーン 男母 母 元気娘 メイド ショボン 助手 アイギス キュゥべえ しぃ ツン ルルーシュ・ランペルージ 幼女 山岸風花 女神 桐条美鶴 岳羽ゆかり 小鬼 忍野忍 妖狐 C.C. キタロー 紅月カレン 幼鬼 女騎士 男父 魔法使い 少年 阿良々木暦 僧侶 生徒副会長 国王 サキュバス 女魔法使い 女戦士 男僧侶 劉備 弟友 所長 関羽 悪魔 孔明 惣流・アスカ・ラングレー 碇シンジ 天使 病院 綾波レイ 女姉 保健教師 体育教師 読書娘 軍オタ 隣人女 女教師 くの一 同僚女 博士 傭兵 志筑仁美 鹿目詢子 隣女 ヴァンパイア グリフォンマスク 騎士 風呂桶 風呂 メリーさん 忍野扇 阿良々木火憐 阿良々木月火 エルキュール・バートン コーデリア・グラウカ マウス 空気清浄機 なでなで アメダス シャーロック・シェリンフォード 雨 千石撫子 羽川翼 王様 大臣 ドラゴンクエストIII 北極 ギルバート・G・P・ギルフォード CO2 ∀ガンダム 遊び人 神原駿河 戦場ヶ原ひたぎ 八九寺真宵 クー 武闘家 DQN 男友妹 エロガキ パンツ 伊藤かな恵 能登麻美子 女友母 月 青年 地球 阿澄佳奈 井口裕香 妹友 女剣士 アルヴィン 如月千早 IDOLM@STER テイルズオブエクシリア 鳥娘 真田明彦 不良 先生 タダクニ ヒデノリ タダクニ妹 ヨシタケ アシタカ エボシ 明智光秀 伊織順平 徳川家康 豊臣秀吉 お嬢様 幽霊少女 譲崎ネロ 木星 女母 従妹 父 ボーイッシュ 漆原るか サンドイッチ 鬼 キモオタ JK サン 引きこもり 副会長 美少女 委員長友 椎名まゆり 牧瀬紅莉栖 太陽 岡部倫太郎 IS BlueGender 魔物 女勇者 双子 輪廻のラグランジェ 橋田至 メガネ 京乃まどか 魔法少女まどか☆マギカ ラン ムギナミ オタク 

amazon
広告4
広告5
広告6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。