姉妹サイト:| SS保存場所(けいおん!)|  ネタ元:| SS深夜VIP|  サイト内検索:| GoogleSearch
SS保存場所(SS深夜VIP) TOP  >  スポンサー広告 >  エロ >  サン「股から血がでた・・・」

スポンサーサイト 【スポンサー広告】


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | | CM(-)

サン「股から血がでた・・・」 【エロ】


http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1327759691/




1 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/28(土) 23:08:11 ID:W9Awyk2Y

サン「どうしよう・・・」ドロ

サン「それになんかお腹も痛いよ・・・」

山犬1「腹減ったな なんか取りに行こうぜ」

サン「いや・・・今日はいい」

山犬2「なんだ、元気ないな、どうした」

サン「なんでもない・・・ちょっと、気分が悪いから横になっている」

山犬1「珍しいな、肉にでも当たったか? まあいい、じゃあ何か取ってくる」





2 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/28(土) 23:15:59 ID:W9Awyk2Y

サン「なんなのこれ・・・なんかの病気なのかな・・・」

サン「病気・・・死ぬのかな。私」

サン「死ぬのは怖くない。・・・でも なんでこんなに胸が痛いの・・・」


サン「アシタカ・・・ アシタカにも、もう、会えないのかな。」


山犬1「なあ」

山犬2「なんだ?」

山犬1「なんかサン、変な匂いしなかったか?」

山犬2「やっぱりか、俺も思っていたんだが、ありゃあ・・・」

山犬1「ああ、発情期の匂いだな」

山犬1「サンも成長したからなあ」

山犬2「あかん勃起してもうた」ビンビン



3 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/28(土) 23:18:28 ID:W9Awyk2Y

サン「アシタカ・・・アシタカ・・・ もう会えないのかな」

サン「あの笑顔も、あの声も、あの匂いも」

サン「もう、感じることができないのかな」

サン「・・・」ジワ

サン「いやだ・・・いやだよアシタカ・・・」

サン「もっと沢山話しをしておけばよかった」

サン「もっと沢山いろんな物を見に行けばよかった」

サン「もっと沢山・・・」

サン「次があることなんて当たり前だった・・・」


サン「そんなわけ、ないのに」


サン「最近母さんが死んだばかりだっていうのに・・・
   私が病気だなんて知ったら、弟たちなんて思うかな・・・」

サン「まだ・・・言わないでおこう」



4 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/28(土) 23:21:35 ID:W9Awyk2Y


シシ神の池

サン「血が落ちない・・・」ゴシゴシ

サン「まあ、これくらいなら平気かな」バサッ

山犬1「おう、こんな所にいたのか。ほらメシだ」ドサッ

サン「すまない。だけど・・・」

山犬2「食わないのか?」

サン「ちょっと・・・食欲ない」

山犬1「そうか じゃあ俺達がもらう(なあ、サンのやつ、生理のこと知らないんじゃないのか?)」

山犬2「パクパク
   (手取り足取り教えてやったほうがいいのかな?なんか落ち込んでるみたいだし・・・)」ビンビン

山犬1「お前それ隠せよ恥ずかしい」ヒソ

サン「ッ(バレた!?)」ビクッ

山犬2「だってどうしようもないだろ・・・」ヒソ

サン「(あ、あれ気のせい?)」

山犬2「パクパク」ビンビン

サン「?」



5 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/28(土) 23:24:28 ID:W9Awyk2Y

タタラ場

エボシ「すまないアシタカ、こんなことまでやらせてしまって」

アシタカ「いいんだ。それにそなただってまだ傷が癒えてないだろう、休んでいてくれ」

エボシ「ああ・・・」

おトキ「それにしてもよく働くねえ、少しは休んだらどうだい?」

アシタカ「ハハッ、これくらい、どうってことないよ。」キンニク

おトキ「まあ・・・ ノロマのあんたとは大違いだね」ギュッ

甲六「いででっ やめておくれよぉ」

アシタカ「まあまあ、甲六殿も最近はよく森のためにも働いてくれて、感謝しているぞ」

甲六「旦那、それはこっちのセリフでさぁ」

みんな「ハッハッハッ」


甲六「そういや旦那、最近はあのもののけ姫に会いに行かないのかね」

アシタカ「ああ、しばらく忙しかったからな。明日辺り行ってみるよ」



6 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/28(土) 23:31:50 ID:W9Awyk2Y

シシ神の森

サン「くぅっ、お腹痛い・・・アシタカ・・・」

サン「アシタカぁ・・・」グス

サン「アシタカに会いたいよぉ・・・」



山犬1「教えるタイミングがつかめず夜になってしまった・・・」

山犬2「まあサンだし平気だろ」

山犬1「本当か? まあ、そうかもな。それにしてもあの小僧の名前をしきりに呼んでいるのはなぜだ?」

山犬2「やっぱサン、変わったよなあ。良い匂いするし」ムクムク

山犬1「人間の小僧一人でこんなに変わるなんてな・・・」


サン「明日になったらきっと、治ってる・・・
   森の神様、最後に一度だけアシタカにあわせてください・・・」



7 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/28(土) 23:36:02 ID:W9Awyk2Y

翌日

アシタカ「ああ、よく寝た。さて、今日は久々に森に行ってみるとするか」

アシタカ「ヤックル、お前に合うのも久々になってしまったな、済まない。さあ行こう。」



シシ神の森

サン「ん・・・朝」パチ

サン「よいしょっと」

サン「うわっ!?」ドロォ

サン「なんだこれ・・・ 昨日より増えてる・・・

サン「いよいよ、私はダメということなのか・・・」

サン「・・・」

サン「アシタカ・・・最後にアシタカに会いたい・・・」

サン「でも・・・次はいつ来るんだ・・・?」

サン「・・・」



8 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/28(土) 23:42:41 ID:W9Awyk2Y


山犬1「おお起きたかサン」

サン「うん・・・」

山犬2「どうした元気だせ、俺はこんなにも元気だぞ」ビンビン

サン「うん・・・」

山犬1「(オイっ!!ってあれ、心ここにあらずって感じだな・・・
     これはやはりちゃんと教えたほうがいいか。)」

山犬1「なあサn」

サン「私を・・・私を山のふもとまで連れて行ってくれないか・・・」

山犬2「おう・・・いいけどよ 乗んな」



山犬1「あれ?」



9 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/28(土) 23:46:39 ID:W9Awyk2Y


アシタカ「ううん。新鮮な森の空気も久々だ。疲労した体に効く。」ノビー

アシタカ「ヤックル、いつもどおりここで待っていてくれ」

スタスタ


~~~~

サン「ありがとう。お前たちは行っていいぞ」

山犬1「人間どもがうろついている。気を付けろよ」

サン「うん」

スタスタ


山犬1「心配だな・・・少し見ていくか。 ってオイ!お前背中に血がついて・・・」

山犬2「オウフwww良いかほりでござるコポォwww」ムクムク

山犬1「ダメだこいつ」



11 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/28(土) 23:51:03 ID:W9Awyk2Y


アシタカ「おや?あれはサンではないか。 おーい! サーン!」

サン「アシタカッ!?」ビクッ

アシタカ「サーン! すまない、久々だな」

サン「アシタカ・・・」ジワァ

アシタカ「うん?サン?どうかしたのk」

サン「アシタカっ!!」ガバッ

アシタカ「うわっ! 急にどうしたというのだ!」

サン「アシタカっ・・・アシタカっ・・・」ポロポロ

アシタカ「あっ、す、済まない、タタラ場が忙しくてなかなか来れなかったのだ。」

サン「ううっ」グス

アシタカ「ど、どうしたのだ、そなたらしくないぞ・・・」

アシタカ「と、とりあえずあそこの浜へ降りよう」



12 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/28(土) 23:52:59 ID:W9Awyk2Y

浜的なもの

アシタカ「よいしょっと。サン、座れるか?」

サン「うん。」グズ

アシタカ「どうしたというのだ。なにかあったのか?聞かせてくれ」

サン「アシタカ・・・私、もうアシタカに会えない」

アシタカ「!? 何故だ?共に生きると約束したではないか!」

サン「私、 病気みたいだ」

アシタカ「なんだって! ・・・どこが悪いのだ?」

サン「私にもわからない・・・ただ、股からたくさん血が出てきて・・・お腹も痛くて・・・私っ」ジワァ

アシタカ「何っ!」


アシタカ「う・・うん?(待てよ、それっていわゆるおにゃのこの日じゃあ・・・)」

サン「アシタカ・・・済まない、そなたとした約束が・・・」グス

アシタカ「え、えっと
    (どうしよう、サンは知らないんだ。
     ええっと、なんて言えばいいのだ? っていうか可愛い・・・)」

アシタカ「あっ・・いかんいかん、ちゃんとしたことを教えなければ(でもホント可愛い)」



13 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/28(土) 23:58:38 ID:W9Awyk2Y


アシタカ「サン、ええっとね、それはね、病気じゃないよ」

サン「え?」

アシタカ「その、人間の女なら、だれでもなることなんだ。
    (あああああ上目遣いタマラン!!!!ムッホオオオオオオ)」

サン「・・・?」

アシタカ「その、とにかく、それは病気じゃない。だから大丈夫だ、サン」

サン「本当か?本当に病気じゃないのか?」

アシタカ「ああ。ええっと、その・・・だな、それは、そなたが成長して大人になった印なのだ」

サン「え・・・?」

アシタカ「人間の女なら誰でも―」

サン「私は山犬だ・・・」

アシタカ「ああ、だけどねサン、君の体は、人間なんだ。」

サン「違う!私は山犬だ!アシタカまで何なんだ!人間なんて大嫌いだ!」

アシタカ「(くっそお、なんて言えば良いのだ、これではサンは納得しない・・・ そうだ!)」

アシタカ「好きだ、サン」ガバッ

サン「ええっちょっ!!!!!????」



14 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/29(日) 00:03:36 ID:9EBAwdP2

タタラ場

病人1「エボシさま!みてくだせえ、これが望遠鏡というもんです」

エボシ「なんだこれは?ほう、ここを覗いて使うのか」

病人2「そうです。ほら、あの浜辺の石一つ一つまで見えますよ」

エボシ「本当だ、すごいなこれは・・・  ん?」

病人1「どうかしましたか?」

エボシ「なななななな、なにをしておるのだあやつら!!!」



15 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/29(日) 00:08:03 ID:9EBAwdP2


アシタカ「サンのここ、可愛いね」

サン「へっ? か、可愛い?」

アシタカ「ああ。とってもきれいだ。」サワ

サン「!!?(なんだこれは・・・!?アシタカが触ると溶けてしまいそうだ・・・)」ハァハァ

アシタカ「ペロ」

サン「あ、あしたか!汚いぞそんなとこ・・・」

アシタカ「汚くなんかないよ。サン」クチュ

サン「あ、っ やめ っ はあぁっ っっあ」

アシタカ「わたしのも舐めてくれ」

サン「えっ・・・うわ、人間のはこんななのか・・・」

サン「な、舐めるって何だ・・・!?どうすればいい・・・?」アウアウ

サン「えっと・・・こうかな・・・」チロチロ

アシタカ「はぁはぁ(ちょっとやばいですコレ)」

アシタカ「サン、入れていい?」

サン「へっ?」



16 名前:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/01/29(日) 00:10:12 ID:9EBAwdP2



山犬1「え?ちょっと何あれ」

山犬2「うおおおおおおおおお」

山犬1「静かにせぬか!サンに気づかれたらどうするんだ!」

山犬2「ふぉっ、 ふぉおおおおおおおおお」ドピュ


アシタカ「うおっ」 ドピュ
サン「あっ!」



Happy End



22 名前::2012/01/29(日) 18:50:19 ID:9EBAwdP2

サン「う・・・はぁ、はぁ」

アシタカ「はッ、すまない、私はなんてことを・・・」

サン「・・・」グッタリ

アシタカ「そなたと夫婦(めおと)になった訳ではないのに・・・」

サン「いいの・・・アシタカぁ・・・アシタカのいっぱいもらえて嬉しい・・・」

アシタカ「サン・・・」



23 名前::2012/01/29(日) 18:53:02 ID:9EBAwdP2

エボシ「・・・」

病人1「あのー、エボシさま?」

エボシ「だから話しかけるなと言っておろう!」

病人1「っ・・・ ですが村人がお呼びで・・・」

エボシ「なんてことだ・・・あの小娘と、アシタカが・・・」

病人1「あのう・・・」



24 名前::2012/01/29(日) 18:55:57 ID:9EBAwdP2



アシタカ「じゃあサン、私はこれで」

サン「・・・」ギュッ

アシタカ「サン?」

サン「また、来るよな?」

アシタカ「ああ。タタラ場も一段落したところだ。これからはまえより頻繁に・・・」

サン「やだっ!  ・・・ 毎日、来れないのか?」

アシタカ「ううん・・・ エボシ殿に掛けあってみよう。」

サン「(またあの女か・・・)」

アシタカ「うん? 何か言ったか」

サン「いや・・・きっと来いよ」

アシタカ「ああ。」



25 名前::2012/01/29(日) 19:01:30 ID:9EBAwdP2


タタラ場

甲六「あっ旦那!門しまっちゃいますぜ!!」

アシタカ「すまぬ!  それじゃあヤックル、大人しくしていろよ」


甲六「旦那、今日は仕事も一段落ついたところだ、みんなでパァッといきましょうや!」

アシタカ「ああ、そう行きたい所だがエボシに話がある。先に集まっていてくれ」

ゴンザ「エボシになんかしたらただじゃすまねえぞ!」

おトキ「アシタカ様がそんなことするはずないだろ!この恩知らず!」

ゴンザ「うっ・・・」



26 名前::2012/01/29(日) 19:07:13 ID:9EBAwdP2


アシタカ「エボシー!すまぬ、邪魔するぞ」

エボシ「っ!! な、なんだそなたか」

アシタカ「どうした、顔が赤いぞ」

エボシ「なんでもない。ちと暑かっただけじゃ」

アシタカ「そうか。ところでエボシ、折り入ってお願いがある」キリッ

エボシ「なんだ?」ドキッ

アシタカ「サンに― もののけ姫に会いに行く頻度を多くしてもよかろうか?」

エボシ「ッ・・・ 何故だ」

アシタカ「・・・」



27 名前::2012/01/29(日) 19:09:22 ID:9EBAwdP2


エボシ「すまぬ、愚問か。ああ、わかった。いいぞ」

エボシ「ただ、たまにはタタラ場の復興にも手を貸してくれ」

アシタカ「もちろんだ。ありがとう。」スタスタ

エボシ「(先刻のこと・・・見てしまうとあやつをいつものような眼で見れぬ・・・)」

エボシ「なあ・・・アシタカ(うおおおっ、なに呼び止めているんだ私っ!)」

アシタカ「なんだ」

エボシ「い・・・いやなんでもない。行って良いぞ」

アシタカ「失礼する」ガチャン

~~~~~

エボシ「また、あの狼娘か・・・」

エボシ「いつも会えたと思ったら、あの女のせいで・・・」ギリッ

エボシ「アシタカ・・・ アシタカを見てると、心が十の頃の女のようになってしまう・・・」

エボシ「あの女・・・アシタカを独り占めしおって・・・」

エボシ「許さぬ・・・」



29 名前::2012/01/29(日) 19:56:11 ID:9EBAwdP2


サン「アシタカ・・・ アシタカは好き。」

サン「ああ・・・あったかかったな。アシタカ」

サン「寝よう・・・」ゴロン


山犬2「サンの1stタイムが・・・」

山犬1「なんだ、不満か。サンとて人間だぞ」

山犬2「でも、良い匂いしたし・・・」

山犬2「お姉ちゃん・・・」

山犬1「気持ち悪いぞお前」



30 名前::2012/01/29(日) 20:05:41 ID:9EBAwdP2



山犬1「なあ、しばらくここを離れぬか?」

山犬2「えっ」

山犬1「サンはサン、山犬は山犬でしなければならんことがある。」

山犬2「確かに・・・俺らも子を作らぬとな。子孫を絶やしてはならんな」

山犬1「時に、隣の山に絶えそうなメスの山犬族がいると聞いている。」

山犬2「なに・・・」ムクムク

山犬1「明日より向かってみよう」

山犬2「YES!」ビンビン



31 名前::2012/01/29(日) 20:16:20 ID:9EBAwdP2


翌朝

山犬1「サン、しばらくここを離れる。」

サン「えっ!?」

~~~~

タタラ場

アシタカ「ふぅ、こんなもんか」

ゴンザ「おめえ、もうくたばったのか!」

アシタカ「今日もよく働くな、しかし最初から飛ばしていると後がもたぬぞ」

ゴンザ「ぬぅ」

エボシ「おいアシタカ!すまぬがこれを頼む」

アシタカ「あ、ああ(どうするか・・・これじゃ今日は行けぬか)」

アシタカ「まあ今日くらいいいだろう。サンも分かってくれる。」



32 名前::2012/01/29(日) 20:23:42 ID:9EBAwdP2

山犬のねぐら

サン「今日は来ないのかな・・・」

サン「毎日だなんて・・・、無理言い過ぎたかな」

サン「弟たちも行ってしまったし・・・はぁ・・・」

サン「アシタカ・・・」


ザッザッ

サン「アシタカ? いや違う、誰だ!?」バッ

サン「あれ・・・? 気のせい―」

エボシ「ふんっ」ガシッ

サン「きゃっ!」

エボシ「もののけ姫・・・また会ったな」



33 名前::2012/01/29(日) 20:31:36 ID:9EBAwdP2


サン「なにをする!離せ!」ジタバタ

エボシ「ほう?山犬はおらぬか。ならばコレは必要ないな」ガシャン

サン「おまえ・・・っ 改心したのではなかったのか!」

エボシ「ああ、森を傷つけるのはやめてやった。アシタカが頼むのでな」

サン「ならば何故!!」

エボシ「アシタカを独占するのはやめてもらいたい」



34 名前::2012/01/29(日) 20:36:35 ID:9EBAwdP2


サン「なぜだ!アシタカは共に生きようと私に言った!だから―」

エボシ「しかし・・・今日は来ておらぬようだが」ニヤリ

サン「それはタタラ場が忙しいからで・・・!!」

エボシ「その通りだ。タタラ場にはアシタカが必要だ。
    そなたとまぐわっている暇などあやつには必要ない。」

サン「おっ、お前・・・(なぜ知っている!?)」

エボシ「今日も私のところに来て、そなたと合う時間を増やしたいと頼んできた・・・」

サン「・・・(アシタカ・・・)」

エボシ「アシタカは渡さぬ」グッ

サン「クッ・・・エボシ!離せ!」

エボシ「そうは行かぬ。・・・私が離せばそなたは私に噛み付くであろう」



35 名前::2012/01/29(日) 20:40:37 ID:9EBAwdP2


エボシ「ふうん、そなたなかなか良い体をしておる」サワ

エボシはサンの発達中の胸をまさぐる。
サンは嫌に気味が悪い動きをするエボシの手に恐怖さえ抱く。

サン「!? っ、何をする気だ!!やめろ!」

エボシ「アシタカを侍らす悪い犬にお仕置きするのだ」ツン

エボシはサンの乳房をもてあそぶ。

サン「ううっ ・・・!!(アシタカ・・・助けて・・・)」

昨日のことを思い出して僅かに感じてしまうサン
母とシシ神さまの仇の女にもてあそばれる自分。
それに感じてしまう自分。
そんな自分に嫌気が差す。



36 名前::2012/01/29(日) 20:45:41 ID:9EBAwdP2


エボシ「ふん!」
エボシはサンをねぐらの床に投げる。

サン「痛っ!」ドサ

エボシ「縛らせてもらうぞ」キュッ

サンが起き上がるまもなくエボシは片腕と口で器用にサンを縛る。

サン「んー!!んーーーー!!!」

エボシ「ふう・・・片腕の身に徒労させるでない」

そう言うとエボシはサンの服を力任せに脱がした。

サン「んっ!?」ビクッ



37 名前::2012/01/29(日) 20:50:27 ID:9EBAwdP2


エボシ「ほう・・・ここにアシタカが入ったのか」

絶望と憎しみでサンはすでに疲労していた
力なく閉じる足をエボシが無理やり開く

サン「んんっ!!んんん!!!」

エボシ「かわいい小娘め」

エボシは不敵に笑うとサンの股を愛撫し始める
サンのそこは、自己防衛のためにグチョグチョになっていた。

エボシ「よく濡れておるな・・・」

そういうとエボシはサンの股に口付けする。
最も憎い女に、最も屈辱的なことをされている。
気持ち悪い感覚に襲われ嘔吐しそうになるサン。

サン「んんんっ!!!(やだ・・・やだよう・・・アシタカぁ・・・)」



38 名前::2012/01/29(日) 20:51:21 ID:9EBAwdP2


それはアシタカがやったのとは違い、愛のないものだった。
ついにサンの涙腺が崩壊する。
エボシはそれをみて満足そうに愛撫を続ける。

しばらく続けてサンが嗚咽まじりの涙を流し始め、エボシはサンのそこから口を離す
エボシの麗しい唇が、サンの愛液と己の唾液が混じった液体の糸を引いた
唐突にエボシが口を開く。

エボシ「アシタカのはきちんと頂いたぞ。」
エボシ「ときに・・・コレを知っているか?」

エボシは懐から張り型を取り出す。

エボシ「アシタカを狂わせた罰じゃ」

エボシの体温で生暖かく温まった張り型がサンの下の口の入り口を撫でる

サン「んんんん!」

何をされるのかとっさに理解したサンは最後の抵抗をする。
だがそれも虚しく終わった。



39 名前::2012/01/29(日) 20:56:32 ID:9EBAwdP2


エボシ「そんなに欲しいか、そうかそうか」

サンの顔すでに大量の涙で濡れエボシがどんな表情をしているのかはよく見えない。
やがてサンは自分の中に侵入してきた異物の太さにに身をよじらせた。

サン「んううううう!!!(痛い!痛いよアシタカ!!助けてぇ!!)」

エボシ「良い反応だ。すぐに楽にしてやろう。」

そういうとエボシはおもむろに張り型を動かし始めた。
最初はゆっくりだったが、時期にそれはスピードを増した。
嬌声とも似つかぬ叫びがしゃべることのできないサンの口から漏れる。
サンはなんとか楽になろうと昨日のアシタカを思い出す。

アシタカのが入ったときは少々痛んだが、
アシタカと本当の意味でひとつになれた喜びはその感覚を麻痺させるほどであった。
アシタカが動いた時の感覚、アシタカの顔、匂い、声

サンは今の状況から逃げたい一心で妄想と今の状況を重ね合わせる。



40 名前::2012/01/29(日) 21:02:03 ID:9EBAwdP2


次第に気持ちよくなってきて、数分もすればサンは立派に喘いでいた。

サン「んっ!んっ!んっ!」

エボシは続ける。

エボシ「この淫乱娘め、親の仇に感じさせられているのか」
エボシ「私が憎くないか?」
エボシ「今の己を見つめよ」
エボシ「アシタカが恋しいか?ならば二度と馬鹿な真似はするな」
エボシ「アシタカは私のだ。」


~~~~~

翌朝

エボシにされる限りをつくされぐったりとしたサンが寝ていた。
サンの目はどこを見ているのか分からないが、その目には絶望しか映らない


もう、アシタカのことも忘れてしまったのだろうか

BADEND




関連記事

ランダム記事(試用版)


けいおん!

サン「股から血がでた・・・」
[ 2012/04/02 16:54 ] エロ | サン アシタカ エボシ | CM(1)

コメント(アンカー機能)
●>>1と半角で書き込むと>>1と記事へのアンカーが生成される。
●*1と半角で書き込むと1とコメントへのアンカーが生成される。
上記の2つのアンカーが有効なのは該当記事のみ。

承認待ちコメント
NO:31
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/07/05 00:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
このサイトは、SS深夜VIPで完結したと思われるSSを取り扱っています。
★完結作をまとめるスレ★
色変更
好みのカラーコードをどうぞ

記事の背景色変更



ブーン顔文字色

ユーザータグ

男 女 妹 幼なじみ 男友 女友 兄 姉 織斑一夏 後輩 織斑千冬 ツンデレ 勇者 山田真耶 鹿目まどか ラウラ・ボーデヴィッヒ 篠ノ之箒 セシリア・オルコット 少女 弟 シャルロット・デュノア 美樹さやか 先輩 凰鈴音 篠ノ之束 男妹 ヤンデレ 委員長 暁美ほむら 俺 魔王 巴マミ ドクオ 佐倉杏子 生徒会長 ブーン 男母 母 元気娘 メイド ショボン 助手 アイギス キュゥべえ しぃ ツン ルルーシュ・ランペルージ 幼女 山岸風花 女神 桐条美鶴 岳羽ゆかり 小鬼 忍野忍 妖狐 C.C. キタロー 紅月カレン 幼鬼 女騎士 男父 魔法使い 少年 阿良々木暦 僧侶 生徒副会長 国王 サキュバス 女魔法使い 女戦士 男僧侶 劉備 弟友 所長 関羽 悪魔 孔明 惣流・アスカ・ラングレー 碇シンジ 天使 病院 綾波レイ 女姉 保健教師 体育教師 読書娘 軍オタ 隣人女 女教師 くの一 同僚女 博士 傭兵 志筑仁美 鹿目詢子 隣女 ヴァンパイア グリフォンマスク 騎士 風呂桶 風呂 メリーさん 忍野扇 阿良々木火憐 阿良々木月火 エルキュール・バートン コーデリア・グラウカ マウス 空気清浄機 なでなで アメダス シャーロック・シェリンフォード 雨 千石撫子 羽川翼 王様 大臣 ドラゴンクエストIII 北極 ギルバート・G・P・ギルフォード CO2 ∀ガンダム 遊び人 神原駿河 戦場ヶ原ひたぎ 八九寺真宵 クー 武闘家 DQN 男友妹 エロガキ パンツ 伊藤かな恵 能登麻美子 女友母 月 青年 地球 阿澄佳奈 井口裕香 妹友 女剣士 アルヴィン 如月千早 IDOLM@STER テイルズオブエクシリア 鳥娘 真田明彦 不良 先生 タダクニ ヒデノリ タダクニ妹 ヨシタケ アシタカ エボシ 明智光秀 伊織順平 徳川家康 豊臣秀吉 お嬢様 幽霊少女 譲崎ネロ 木星 女母 従妹 父 ボーイッシュ 漆原るか サンドイッチ 鬼 キモオタ JK サン 引きこもり 副会長 美少女 委員長友 椎名まゆり 牧瀬紅莉栖 太陽 岡部倫太郎 IS BlueGender 魔物 女勇者 双子 輪廻のラグランジェ 橋田至 メガネ 京乃まどか 魔法少女まどか☆マギカ ラン ムギナミ オタク 

amazon
広告4
広告5
広告6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。